スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
■キラー・ゲーター
評価:
---
アメイジングD.C.
¥ 3,494
(2011-11-02)

原題:Xtinction: Predator X'/Alligator X
監督:アミル・ヴァルニア
制作:2010年 アメリカ

『ジョーズ』が「サメの正面顔」というサメ映画ビジュアルのスタンダードを作ったように、横向きワニがかぱぁと口を開けているこの『キラー・ゲイター』のビジュアルはワニ映画のスタンダードとなるのだろうか?
ならない。
なぜなら、本作より前の2007年に『ディノクロコダイル』や『ラプター』がすでに同じことをやっているからだ。みんな考えることは一緒。

監督は『アウトブレイクX』『キラースネーク』のアミル・ヴァルニア。一度でも人喰い映画を撮った監督は、その後もまた人喰い映画を撮ってしまいやすいの法則は健在。
舞台はアメリカ南部のとある町。大きな沼がひろがる土地で、たくさんのワニが生息している。この町へ20年ぶりに帰ってきたローラは、亡き父の土地でクルーズ業を営んでいた。そしてなぜか、ローラの別れた夫チャールズもやって来ている。元生物学者のチャールズは、トラのクローンを作ろうとして大学を追放された人物だ。何しに来たのかはなんとなく想像がつこうというものだろう。
こうした状況の中、町では獣害による住人の惨殺事件が起こりはじめる。やがて、ローラもその事件に巻き込まれていくのだった。
謎の獣の正体は、DVDジャケに思いっきりワニが描かれているのでまあワニなんだけど、ちょっと違う。詳しくは見てのお楽しみ。

なんとか怪物をズタズタにして町に平穏を取り戻したところで、ローラは新しい彼氏の保安官にこんなことを言う。
「寿司が食べてみたいわ」
意味わかんないよね。それに対して保安官はこう言う。
「SUSHI? この事件の直後に寿司とはたいしたもんだ」
ようするにナマモノつながりってことなんだろう。外人さんの寿司に対するイメージがよくわかる。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(0) | trackbacks(0) |
■悪魔の沼
悪魔の沼原題:Eaten Alive
監督:トビー・フーパー
制作:1977年 アメリカ

 一般的には『悪魔のいけにえ』で、人喰い映画マニア的には『マングラー』で有名なトビー・フーパー監督の第2作目。頭のおかしいモーテルの主人ジャッド(ネヴィル・ブランド)が、泊まりにきた客を次々と大鎌で切り裂いてワニのエサにしてしまうという、家付き鎌付きワニ付きの暗黒モーテルで織りなす狂気の人喰い絵巻です。
 中盤、被害者の首に突き刺さった大鎌を引き抜こうとするジャッドと、そんなもんいいから早く喰わせろと足首に噛み付いたワニとが引っ張りっこになるシーンが、本作での最大の見所でしょう。被害者にとってはたまったもんじゃないでしょうけども。
 リズム感のない「チューブラー・ベルズ」みたいなBGMも不安を煽っていてグッド。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(0) | trackbacks(0) |
■ブラック・ウォーター
ブラックウォーター原題:Black Water
監督:アンドリュー・トラウキ、デイヴィット・ネルリッヒ
制作:2007年 オーストラリア

“オーストラリアで実際に起きた事件を元にして描かれた作品”だそうです。そう言われると一層怖さが増すと思いますが、逆に言えば、実話なのでそんなに奇想天外なことは起こらない映画、でもあるわけです。
 舞台は北オーストラリア。ある夫婦とその妹からなる3人組が、「野生動物の観察と釣りツアー」に行きました。しかし、なんにも釣れないので「ちっともエサ食わないじゃないの!」とか思ってるところにワニがあらわれ、自分たちの方が喰われてしまうのです。
 最初にワニからの襲撃を受けたときに、夫のアダムはかけていたメガネをすっ飛ばしてしまい、このテの映画に特有の「メガネメガネ……」をやってみせてくれたのが、わたしは非常にうれしかったですね。
 ワニって動きがのっそりしているため、たとえ人喰いワニでもそんなに怖いって気がしないのですが、この映画に出てくるワニもなかなか愛らしいところがあります。予告編でも見られますが、恐怖に怯える被害者の前に「こんにちわー」と言わんばかりに水中からゆっくり顔を浮上させるワニくんは、本当に可愛いらしいです。
 樹上に避難している主人公らと、水中で待ち受けるワニとで膠着状態になっているとき、アダムは言います。「子供の頃、いじわるな兄貴に殴られるのが怖くてクローゼットに逃げ込んだ。扉の外に兄貴がいると思うと、恐ろしくていつまでも外に出られなかった。しかし、兄貴はとっくにいなくなっていたのだ。自分を閉じ込めていたのは兄貴の物理的な力ではなく、自分自身の無意味な恐怖心だったんだよ」と。
 つまり、水中のワニもきっとどこかへ行ってしまったはずだから、自分たちも河に降りて逃げようよ、というわけですが、そうして樹を降りたアダムがどうなるかは、実際に映画を観てご確認ください。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(3) | trackbacks(0) |
■ディノクロコダイル
ディノクロ 原題:Sper Croc
監督:スコット・ハーバー
制作:2007年 アメリカ

 モンスタパニック映画に出てくる巨大生物って、大きいとは言っても“だいたいこれぐらい”という適正なサイズがあると思うんですけど、あきらかにそれを逸脱した大きさのワニが出てきてビックリしますね。いくらCGIでなんでも描けるからって、でかすぎ。でもまあ、これだけ大きなワニを最後には追いつめて、爆破してみせるのだから、かなり痛快なラストとなることだろう……と思ったら! 肝心の爆破シーンは音だけで、映像は見せてくれないのです! なんで? なんで?(答え:予算がないので撮ってない)。
 見所は、ラングドン将軍役をやってるデイヴィド・ノバクの、ジョージ・クルーニーになすましてるけどやっぱりMr.ビーンにしか見えないローワン・アトキンソンみたいな顔
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(2) | - |
■カニング・キラー 殺戮の沼
カニキラ 原題:Primeval
監督:マイケル・ケイトルマン
制作:2007年 アメリカ

 舞台はアフリカ、ブルンジ共和国。ルワンダに隣接するこの国もまた民族紛争の真っ最中で、フツ族による虐殺が日常的に行なわれています。そんな危険地帯へ、アメリカからTVクルーの一行が取材にやってきます。が、怖いのは人間だけじゃないのです。この土地には、恐ろしい人喰い巨大ワニがいたのです……。
 いや、逆だな。この映画を正しく評価するなら、「単なる巨大ワニ映画のようでいて、実は人間の心のほうが恐ろしいのだ、ということをきちんと描いた佳作です」と、こう言わなきゃいけないですね。人間は本当に怖いですよ。ワニだったら口に突っかい棒すれば助かりそうな気がするけど、フツ族に追われたら絶対助からなそうだもんなー。こういう褒め方は人喰い映画的にはマイナスかもしれませんが、でも非常にスリリングで最後まで飽きさせないいい映画でした。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(1) | - |
■U.M.A レイク・プラシッド2
レイク・プラシッド2 原題:Lake Placid 2
監督:デヴィッド・フローレス
制作:2007年 アメリカ

 一見、UMA映画かと思わせておいて……実はワニ映画ー! という『U.M.A レイク・プラシッド』の続編。メイン州北部の町に、巨大ワニ登場。こりゃ大変だってんで保安官だのハンターだのがワニ退治に遁走するのですが、1匹だと思ってたワニが実は夫婦で2匹いたー! とか言って安心していたら実は家族でホントは3匹いたー! と思ったら実は貧乏人の子沢山で……みたいな映画。
 一部、CGのしょぼいところもありますが、人喰い映画の醍醐味である、食いちぎられた人体はしっかり描写しているし、湖畔へキャンプに来たセニョリータは乳出して泳いでみせてくれるし、いろいろとサービスに抜かりはないです。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(1) | - |
■グリード
グリード 原題:Zwei zum Fressen gern
監督:監督:シーモン・X・ロスト
制作:2006年 ドイツ

 B級だけど切れ味のいい演出でスマッシュヒットとなったスティーブ・ソマーズの海洋人喰い映画『ザ・グリード』とはまったく関係がないこれは、切れ味がいいわけでもないのでとくにヒットもしていないドイツ産ワニ映画。何ひとつ似てるところがないのに、どうして『グリード』にあやかった邦題なんか付けたもんでしょうか。自分で自分の首を絞めてるような気もしますよ。
 じゃあ、つまらないのかというと、じつはそうでもないのです。悪党が巨大ワニの裏取引をしていたところ、ちょっとしたアクシデントでワニが脱走し、それを追う悪党トリオがなかなかタツノコ感のあるボンクラぶりで、見るものを飽きさせません。一方、町に出没した巨大ワニを退治しようとする主人公(ワニハンター)の側では、相棒となる女性検死官がやけに美人だったり、父に反発する娘(やりたい年頃)が乳を披露してくれたりと、男性客へのサービスにも抜かりがないのです。このように、周りをしっかり固めてある映画には、つい高評価を与えてしまうわたくしですが、肝心のワニは……ふつう。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(0) | - |
■クロコダイル・ハンター ザ・ムービー
クロコダイル・ハンター 原題:The Crochodile Hunter Collision Course
監督:ジョン・ステイントン
制作:2002年 アメリカ・オーストラリア

 いやあ、すごいものを見ました。
 皆さんは、クロコダイルハンターこと、スティーブ・アーウィンという人物をご存じでしょうか? わかりやすく言うと“オーストラリアのムツゴロウさん”みたいな人ですね。おもにワニ専門なんですけど、それだけじゃなく動物全般なんでもOKで、毒があろうが牙が生えていようがおかまいなしに、あらゆる生物をぺたぺた素手で触っちゃう人。本作は、そのアーウィンさんが本人役で主演しているアドベンチャー・ムービーなのです。
 人工衛星が謎の事故で大破し、国家機密を収めたパーツが大気圏をくぐり抜けて地表に落下。落ちたところはオーストラリア。それを偶然通りかかった大ワニが飲み込んでしまい、機密を追うCIAと、事情も知らずにワニの捕獲に来たクロコダイルハンターが、追ったり追われたりを繰り広げるという、基本的にはコメディタッチのサスペンス映画。
 それだけならばどうということもないんですが、とにかく全編出ずっぱりのアーウィンさんの演技がすごい。というか、まったく演技というものをしていない。最初から最後までなぜかカメラ目線。映画なのに! おまけに、やたらとテンションが高い。これはムツゴロウさんも同様で、動物愛が強すぎる人の特徴なんでしょうかね。なにしろ、オオトカゲと一緒に四つんばいになって走り回ったり、大ワニのいる川に平気で飛び込んだり、毒ヘビや毒グモを素手でつかんで愛撫したり、見てるこっちがヒヤヒヤするようなことを連発するんです。しかも、恐ろしいことにアーウィンさんはその間ずーっと“半ズボン”なのです。毛ずねむき出し。いやー、バカだよこの人。偉大なるバカ。

 でも、そのバカが祟って、アーウィンさんは去年、アカエイに刺されて死んじゃったの。悲しいね……。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(5) | - |
■アリゲーター 愛と復讐のワニ人間
ワニ人間 原題:Krai Thong
監督:スザット・アンタラヌパコン
制作:2001年 タイ

 舞台はタイ。川沿いにある小さな村に人喰い巨大ワニが出没し、村人たちがバクバク食べられているという状況。
 あるとき、村長の娘(美人姉妹A・B)のうち、娘Aがワニに連れ去られてしまいました。困り果てた村長は懸賞をかけます。「巨大ワニをやっつけた者には、財産の半分とわしの娘Bをやろう!」と。しかし、村の若者たちは巨大ワニにビビって、誰一人として助けに行こうとしません。そこで登場するのが、勇敢な青年クライトーンです。彼は、財産の半分とか、村長の娘とか、そういう欲望とは関係なしに川へ飛び込みます。立派でしょう? でも、クライトーンは村長に内緒で娘Aの方とつきあっているので、どっちにしても村長の娘婿の座は手に入るのです。ちゃっかりしてますね。
 さて、川底には呼吸のできる謎の空間があり、スケベそうな男が美女2人を囲って暮らしていました。そうです。タイトルにもあるように、人喰い巨大ワニの正体というのは、ワニから人間へと自由に変身できる“ワニ人間”だったのです。そしてこいつは2人も恋人(ワニ)がいるのに、人間の女までさらってくるというのですから、図々しいにもほどがありますね。
 そんなわけで、あれやこれやの末にワニ人間をやっつけて娘Aを救い出したクライトーンは、恋人である娘Aはもちろんのこと、褒美として娘Bまで嫁にもらってしまいます。嫁二人。観てるこっちは「マジかよ!」と思うんですが、映画的にはそれでハッピーエンドの方向へ話が進んでいくのです。わけわかんないのです。
 でも、これぐらいで驚いてちゃいけないのです。
 W新婚のクライトーンは、ふたたび川底にあるワニの巣へ出かけていって、残されたワニ女2人も自分のモノにしてしまうのです。なんと好色な! なんと絶倫な! 絶対、ワニのペニスの粉末とか飲んでるよね。
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(0) | - |
■アリゲーター2
アリゲーター2 原題:Alligator The Mutation
監督:ルイス・ティーグ
制作:1990年 アメリカ

 冒頭、主人公の刑事とその妻の夫婦円満な会話シーンが描写されます。妻「今日はあなたの誕生日だから早く帰ってきてね。(子供たちも留守だし)夫婦水入らずでお祝いしましょう」そう言って妻はオモチャの吹き戻しをピョロロロロ〜と吹きます。それを受けてニヤける亭主。
 ようするに、この吹き戻しはフェラ○オの暗喩なんですね。日本と西洋とでは、性に関する表現が逆であるという話がありまして、絶頂を迎えるときに西洋人の女性は「come on(来て〜)」と言いますが、日本の女性は「行く〜」って言いますね。で、フェラのことを日本では「尺八(を吹く)」と言いますが、西洋では「suck(吸う)」なんですね。だから、『アリゲーター2』のこの場面でも奥さんは吹き戻しを吹くわけです。
 さて、エロ豆知識のコーナーはこれぐらいにして、と。
 本編はだいたい前作と同じです。有毒物質の影響で地下のワニが巨大化して、人々を襲うというたいへんにわかりやすいお話。
 見所としては、よく黒人のデフォルメとして鼻をでかく唇をブ厚く描いて抗議されたりするけど、冗談でなく本当にそういう顔の人なんだから文句言われても困るよ! というぐらい迫力のある警察署長の顔。かっこいい!
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(3) | - |