無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
■ファングス
ファングス原題:Rats
監督:イエルグ・ルードルフ
制作:2001年 ドイツ

 舞台はフランクフルト。市の民営化法案に反対して清掃局員がストライキを起こす。市内は回収されないゴミが山となり、その影響で地下には大量にドブネズミが繁殖。やがて、ドブネズミは人間を襲いはじめて……。
 という設定はどこかで聞いたことがありますぞ。そう、フランス産ネズミ映画の『パリ・ディストラクション』とまったく同じ設定なんですな。作られたのはこちらの方が先ですが、まあ大差ないでしょう。
 ヒロインは救急病院で働く女医さん。全体的にぬるい演出の映画ですが、院内に保存してある輸血用血液パックがネズミに食い散らかされて部屋中血みどろになっているシーンは、なかなかショッキングでいいです。
 人喰い映画では、ときおりカメラが生物視点になって気分を盛り上げますが、この作品でも例外ではありません。しかもネズミだから、下水道やダクトの中など、狭いところへシュノーケルカメラがぐんぐん入っていくのが楽しいですね。『アウトブレイク』で殺人ウィルスの“菌視点”になったり、『トルク』では何視点だかわからないけど爆走しているバイクのエンジンにカメラが入っていくバカ演出があったりして、爆笑したっけな。
 ネズミ映画は集団の脅威を描いたものなので、最後は群れをどこに集めて、どうやって一挙に殲滅するか、が眼目となります。この映画ではラストの対決にあまり工夫らしい工夫はないけれど、いちおうの成功をみます。でも、人喰い映画の常として、それだけじゃ終わらないんですね。やっぱり最後には新たな生命の誕生をちらりと匂わせて、かわいい仔ネズミちゃんが「ミギャ!」とひと鳴きして幕切れとなるのです。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | trackbacks(0) |
■殺人鼠 KILLER RATS
殺人鼠 原題:Rats
監督:ティボー・タカクス
制作:2003年 アメリカ

 とある精神病院にあらわれた巨大ネズミが、あわれな患者をガシガシ食べていく映画。このネズミってのがとても躾が行き届いておりまして、肉はもちろん、骨まで全部かじるうえに、血も一滴残らず舐めとっていくんですね。ネズミに喰われたという痕跡が一切残っていないから、誰も見ていないところで襲われたりすると、病院側にはその患者がどこに消えたのかがわからない。いったいどうやって脱走したのだ!? となるわけです。これはなかなかおもしろい展開だなと思うんですが、しかし、そのへんのサスペンスをとくに活かすでもなく、物語はだんだんカオスになっていって、最後はガスボンベに着火してボーンです。
 見所……というほどではないけど、ウィンズロー博士役でロン・パールマン(『エイリアン4』で輸送船ベティ号の船長をやってた人。というか『ヘルボーイ』の中の人って言った方がわかりやすいかも)が出ていたのがちょっとうれしかったです。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
■パリ・ディストラクション
パリデス 原題:Alerte a Paris!
監督:シャーロット・ブランドストーム
制作:2006年 フランス

 ここはパリ。美しき光の都、と言いたいところですが、清掃局がストライキを起こした影響で、市内には回収されないゴミの山が積み上がっています。町は異臭でおおわれ、繁殖したネズミがあちらこちらで駆け回る。このネズミが、単なるネズミではないのです。異常に元気で、攻撃的で、しかも数が多い。それどころか、謎のウィルスを保持しており、噛まれた人は高熱を出して死んじゃうのです。このままでは、1832年にパリで大流行したコレラ騒ぎ、通称パリコレのような事態が起こるでしょう。さあ大変だあ!
 で、このままではいかんとばかりに立ち上がった害虫駆除業者の息子と、事件に巻き込まれたシングルマザーの女医さんが、なんとなく愛を育んだりしながら、ネズミの群れに立ち向かって行くのです。
 見所は、ヒロインの飼い猫がゴミを漁ろうとしてバケツのフタを開けたら中にはネズミがびっしりで、それを見たときの猫ちゃんの「え? マジ?」っていう顔。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(2) | - |
■人喰いネズミの島
人喰いネズミの島 原題:The Killer Shrews
監督:レイ・ケロッグ
制作:1959年 アメリカ

大蜥蜴の怪』に続いて、ケロッグ監督の人喰い映画シリーズ第2弾。今度は孤島でネズミの縮小実験をしていた科学者たちが、反作用で巨大化した人喰いネズミに襲われる、というパニックです。巨大&人喰いというだけでも十分に怖ろしいのですが、このネズミ、牙に猛毒があって噛まれただけで死んでしまうという、パニックを演出するにはむしろマイナスなのではないかと思われる能力設定がされています。食われて死ぬのは嫌だけど、猛毒で即死できるならあんまり怖くないよねえ(そんなことありません)。
 最後、主人公たちはネズミに噛まれないようドラム缶を伏せてその中に入り、ボートが係留してある浜辺までニジリ歩いていくのですが、40年ぐらい前に地元の公民館へ見に行った「8時だよ全員集合」の公開録画で、カトちゃんがそんなコントやってたのを思い出しました。案外、この映画からヒントを得たのかも!(そんなことありません)。
 肝心の人喰いネズミは、例によって本物で撮影しています。もちろん、本物の巨大ネズミなんてものは存在しないので、犬を使っています。犬かー。また予想外なことを。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
■ザ・ラッツ
アメリカラッツ 原題:The Rats
監督:ジョン・ラフィア
制作:2002年 アメリカ

 ネズミ映画数ある中の、これはそこそこ出来がいいアメリカ版『ザ・ラッツ』。いきなり登場の小動物を愛する逆ギレおやじがなかなかいいキャラなんですが、ネズミに喰われてすぐ死んじゃいます。残念だけどこれも人喰い映画の宿命です。
 そこそこの出来だとは言っても、やはり全体的には小粒の映画です。でも、大量に繁殖したネズミを退治するためにプールへおびき寄せ、排水溝からネズミが噴水のように吹き上がるシーンだけは必見。ありえない光景に唖然としましょう。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
■ラッツ
イタリアラッツ 原題:Rats Night of Terror
監督:ヴィンセント・ドーン
制作:1984年 イタリア

 2015年、ついに地球は核戦争で荒廃。かろうじて生き残った人類は地底へと逃れて、自らを“新人類”と呼ぶようになった。新人類の中には、地底での制度に不満を持ち、地表で暮らすために武装蜂起する者たちもいた。一方、地上には新たに“新原始人”と呼ばれる種族も生まれていたが、新原始人の存在を蔑む新人類たちは、彼らとの接触を持たずにいたのだった。そんなある日、武装した男女のグループが地上に残された廃墟のひとつを訪れてみるとーー。
 って、単なる人喰いネズミ映画なのにどうしてそんなややこしい設定が必要なんだよ!
 しかし、まあ、これらの設定は映画本編にあまり関係してこないので、とりあえず忘れちゃっても大丈夫です。それより、主役の男女グループ(マッドマックスをヘボくした感じ)の行動がいちいち頭悪くてサイコーなんですよ。ビデオゲームが得意な奴のあだ名が“ビデオ”だったり、仲間の見てる前で寝袋に入ってセックスしたり、その寝袋のチャックが壊れて出られないままネズミに食われたり、やっと見つけた食料を大喜びして床にぶちまけたり、貴重な飲み水を平気でネズミの巣に忘れてきたり、呆れるほどのバカばっかり。お前らもうネズミに喰われていいよ! とか思ってると、本当にその通りになるのでスカッとします。
 あと、どうでもいいことですが、男の一人がやけに蟹江敬三に似ていて、それが気になって気になって仕方なかったです。本当にどうでもいいことです。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
■ネクロポリス
ネクロポリス 原題:Rats 2
監督:イエルグ・リュードルフ
制作:2004年 ドイツ

 いきなり原題が『ラッツ2』なので続編だというのはわかるんですが、アメリカ産ネズミ映画の『ラッツ』とは関係なく、イタリア産ネズミ映画の『ラッツ』とも関係なく、これはドイツ産ネズミ映画の続編なんですね。どうでもいいか、そんなこと。
 遺伝子操作したネズミが研究所から逃げ出し、ネズミ算式にものすごい勢いで増え、ネズミ色の絨毯となって人間を襲うというお話。溢れかえるネズミの群れを本物ネズミの合成で表現していて、その合成が妙に丁寧なのでなかなか迫力があります。役者さんたちもみんな巧いですね。ときおり効果音としてライバッハみたいな変な重低音が入っていてそこだけ気になりますが、全体的にはよくできた動物パニックだと思います。うん、おもしろかった!
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
■アルタード・スピーシーズ
アルスピ 原題:Altered Species
監督:マイルス・フェルドマン
制作:2001年 アメリカ

 怪物映画には、いくつかのお約束的パターンがあります。たとえば、怪物の設定では「ガン特効薬の研究してたら巨大化しちゃった」系というのが王道としてありますし、登場人物の死亡フラグでは「セックスしようとして別行動とると喰われる」系というのがかなりの高確率で存在します。また、襲撃シーンの特撮手法では「ぬいぐるみを自分で自分に噛みつかせている一人芝居」系なんてのがあります。そして、ラストシーンでは「やっと倒したと思ったけど実はまだ残っていて次回作に続くかも?系」というのも忘れてはいけませんね。
 で、この『アルタード・スピーシーズ』はそれが全部入っています。ようするにそういう映画です。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |