スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
■ギガンテス
ギガンテス 原題:Scorpius Gigantus
監督:トミー・ウィズロウ
制作:2004年 アメリカ

 米軍が生物兵器としてひそかに開発していた巨大バイオサソリが逃走。捕獲にきた兵士たちを次から次へと血祭りにあげるという、当ブログではすっかりお馴染みとなった設定の映画。珍しくジャケットにはあんまりウソがなく、本当にこういうやつが出てくるんですよ。基本はサソリなんですけど、それだけじゃこうはなりません。まずは攻撃力の高いサソリの遺伝子をベースにして、巨大化に耐えられるようチタンを配合(どういう化学?)。さらに生命力あふれるゴキブリの遺伝子をトッピングし、最後は人間の遺伝子もぶち込んで知性も上昇させるという、ラーメン二郎のバカ豚野菜マシマシにんにくカラめ、みたいな贅沢極まりない生物です。
 しかし、いまはCGIでなんでも撮れる時代にはなりましたけど、やはり最終的には役者さんの演技力が映画の出来を決めるんだよねー、というのを感じさせる作品でした。逆の意味で。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(0) | - |
■黒い蠍
黒い蠍 原題:The Black Scorpion
監督:エドワード・ルドウィグ
制作:1957年 アメリカ

 ハリーハウゼンの師匠、ウィリス・オブライエンが特撮を手掛けた怪獣映画の古典です。ある日、メキシコの火山が噴火したところ、地中から三畳紀の古代サソリが出現。巨大なハサミで列車をつかんだり、ヘリコプターを叩き落としたりと、怪獣映画らしい大暴れっぷりを見せてくれます。
 いちばんの見所は、パッケージにもある通り、ヨダレをたらしながら無邪気に微笑むサソリの笑顔。監督もよほどこのショットが気に入ったのか、サソリが人間を襲う場面で何度も何度もこの顔面のクローズアップを挿入してます。深夜の帰宅途中に暗がりからあらわれた変態が「うへへへへへ」と薄ら笑いを浮かべながらこっちに向かってくるときのOLさんの気持ちがよくわかりますね。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(0) | - |
■ディープポセイドン
ディープポセイドン 原題:Stinger
監督:マーティン・マンス
制作:2004年 アメリカ

 数ヶ月前に音信が途絶えていた原子力潜水艦。実は、秘かに積み込まれていた巨大サソリが大暴れして、乗組員を全滅させていたのだ! 沈んでいた原潜を発見した政府は、ヒロインの科学者、護衛の海兵隊員、そして怪しげで腹黒い謎の人物を送り込む。小型潜水艇を接舷させて艦内に乗り込んだ彼らが見たものは、目を覆うばかりの惨状だった。原形をとどめないほどに食い散らかされた死体、艦内を徘徊するサソリ群……。彼らは、サソリごと艦を爆破することを決意。ところが、怪しくて腹黒い人物は彼らの妨害を図る。なぜなら、その男にはサソリを持ち帰るという任務があったのである……。
 と、このように、どの作品かは言わないでおきますが、某有名モンスターパニック映画とほとんど同じプロットの深海密室サソリムービーです。サソリの動きがゴワゴワで微笑ましいですね。あんまり取り柄のない映画ですが、ヒロインはリプリーよりこっちのほうが美人かも(あ、言っちゃった!)。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(0) | - |
■エアスコーピオン
エアスコーピオン 原題:Tail Sting
監督:ポール・ウィン
制作:2002年 アメリカ

 高度30,000フィートを飛行中のオーストラリア発ロサンゼルス行き航空便の貨物室で、遺伝子操作されたサソリが逃げ出してしまった! なんでそんなの積んでるんだよ! という疑問はさておき、おもちゃの缶詰に入ってそうなサソリはぐんぐん巨大化して、機内をパニックに陥れます。人を食べたりはしないけど、尻尾の毒針で乗客たちを殺戮してまわるのです。毒があるんだからチクッと刺すだけでいいのに、なぜか胴を貫通するほど刺します。容赦なーい!
 サミュエル・L・ジャクソンの『スネークフライト』もいいですが、こっちの「サソリと出かける空の旅」もなかなかオツなモンですよ。ただ、『エアスコーピオン』というタイトルはいただけませんね。これじゃインパクトが弱くて、レンタル屋の棚に背挿しされてたら手に取ってもらえません。もっとキャッチーなタイトルを付けてあげたいな。たとえば『蠍エアライン』とか。『戦慄のサソリ航空』とか。『上空さそり701号』とか。
 あと、怪物と対決する映画のクライマックスとしては『エイリアン2』の「パワーローダーに乗ったリプリー登場」シーンの右に出るものはないと思いますが、この映画にもそれをものすごーくチープに再現したようなシーンがあります。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(2) | - |