無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
■イエティ
原題:Yeti
監督:ポール・ジラー
制作:2008年 アメリカ、カナダ

 タイトル通り、イエティの映画である。
 数ある人喰い映画の中でも、UMAものに名作と呼べるような作品はほとんどないんだが、あえてそこにチャレンジする心意気やヨシ。『スネークヘッドテラー』や『ジュラシック・レイク』で見事な“上半身喰い”を見せてくれたポール・ジラー監督作品なので、本作でもどれだけの食べっぷりを見せてくれるのか期待が高まる。

 1972年のヒマラヤ山脈。標高5800メートル地点を登る3人の男。岩の裂け目を見つけ、洞窟内部に足を踏み入れていくと、その奥でいきなりイエティに遭遇して惨殺されてしまう。このイエティがまた思いっきりぬいぐるみクオリティで、先を見続ける気持ちがぐらつくが、照明やカメラアングルで誤摩化さずに正々堂々と写しているところは、逆に清々しくもある。

 時は変わって現代。どこぞの名門フットボールチームが遠征のため、飛行機に乗り込んでヒマラヤを越えている。機内ではしゃぐ若者たち。シートベルトしろって言ってるのに聞いてなかったりね。死の予感がひしひしと。そのうち、「食いもの持ってない?」「なんもねーよ」「だってヒマラヤ上空だぞ。落ちたらナニ食うんだ」みたいなわかりやすい会話を繰り広げていて、いかにも墜落後の展開を連想させてくれる。

 そして運命に従って飛行機は墜落。生き残ったのは10人。うち8人はたき火を囲んでその場に残り、勇敢な2人の青年は、ちぎれた機体後部に積み込まれているであろう無線機を探しに行く。で、そこにあらわれるのが30年前のあいつ、全員集合の探検隊コントなんかに出てた感じのぬいぐるみ。「志村〜、うしろうしろ〜!」のアイツ。

 イエティは怪力という設定なので、人間の腕など簡単に引きちぎる。手だけを残して相棒を喰われた青年は必死に岩壁を登って逃げるが、壁が崩れて落ちた拍子に足をくじいてしまう。何か添え木にするものは……と、目についたのは相棒のちぎれた腕。そいつを足首に縛りつけ、雪深いヒマラヤの山道を歩き出す。仲間たちに無線機を届けるため。そしてイエティの存在を知らせるために。

 一方その頃。たき火を囲んだ8人はお腹がへってきた。食料はもうない。一般人は1日の消費カロリーが約2600キロカロリーであるのに対して、彼らアスリートは4000から5000キロカロリーも消費する。わずかばかりのチョコレートで何日も元気でいられるわけがない。生への渇望と、人間の尊厳を秤にかける。喰うべきだという者、かたくなに拒否する者。やがて飢えは極限まで迫り、ついにガラスの破片を手にすると、冷たくなった仲間の身体に突き刺す……。

 という感じで映画が盛り上がってきたところに姿をあらわして、ここまでのシリアスな展開を全部帳消しにしてくれるのが例のアイツだ。生存者の1人はイエティの姿を見て「以前、この土地で化石が出た巨大猿(ギガニピティクス)の生き残りだろう」とか言うんだが、そんなこともうどうでもいいよね。死体がジェット燃料で燃やされて黒焦げになったり、発煙筒が人に当たって顔面ザクロになったり、手刀一発で心臓を取り出されたり、様々な人体破壊描写が堪能できる。ポール・ジラー、全然成長していない信用できる男!
| とみさわ昭仁 | 獣人 | comments(0) | trackbacks(0) |
■HAKAIJYU 破壊獣
原題:Devil on the Mountain
監督:スティーブン・R・モンロー
制作:2006年 アメリカ

 過去になんかあったらしく(はっきりとは描かれない)、ひとりクルマで旅するエリン。銀行から強奪した金を持って逃走する5人組。両者のクルマが森の入り口で衝突し、行きがかり上エリンは人質となって強盗らと森の奥へ逃げ込んでいく。だが、その森の中では、ときおり恐ろしげな咆哮が響き渡っている。なんかいるのだ。なんでしょう?
 日本版のDVDパッケージには“Devil on the Mountain”とあるけど、IMDbで引くと“Sasquatch Mountain”なんてタイトルが出てくるので、サスカッチ──ようするにビッグフット系の獣人ってことなんだろう。実際、姿をあらわすと全身毛むくじゃらの巨大な獣人……というか、ほとんどギリースーツそのまんまのようにも見える。

 で、こいつが主に銀行強盗たちと、それを追ってきた保安官たちを襲うわけだが、その襲い方が、なんというか手ぬるいんだな。ハグして肋骨折ったらもう放り出す、みたいな感じ。人間との身長差的には頭からゴリゴリ食いついても不思議はないのに、それをしない。手足をもいでしたたる血を啜ったりもしない。じゃ、なんのために人を襲ってるのかというと、ま、野生動物のことを考えたら常識なので遠慮なくネタバレするけど、子供がいるからなのね。多分このサスカッチ、母親なんだろうな。

 冒頭でランス・ヘンリクセン扮する男の回想シーンみたいなのがある。何かの事故で妻を亡くした場面。いろいろ省略されすぎていてよく事情がわからないのだが、妻の死後、男手ひとつで娘を育ててきたヘンリクセンは、執念のハンターみたいな存在になっている。
 最後は当然、サスカーチャンとの対決になるわけだけど、このシーンもなんだかよくわかんなかったな。いつの間にやらカーチャンは深手を負っていて、ほとんど虫の息だし。おそらく、撮影前の展望としては「獣人に妻を殺された男と、人間に夫を殺された獣人との悲しい復讐の話」になるはずだったんじゃないだろうか。
| とみさわ昭仁 | 獣人 | comments(0) | trackbacks(0) |
■猿の大陸
猿の大陸 原題:The Lost World : Land of the Apes
監督:キャサリン・ミラー
制作:2001年 アメリカ

 ジャケを見て「お、ティム・バートンの猿の惑星!」と誰もが思うことでしょうけれど、残念ながら「大陸」なんです。『猿の大陸』なんです。でも、残念だからこそ、こういうDVDは買わずにおれないわたくしなんです。
 始まるとね、いきなり主人公らしき男女6人が森の中にいるんですよ。森へ向かうシーンとか一切ない。もちろんメンバーが集まっていく過程なんかもなくて、最初から6人揃ってる。彼らがどういうグループで、何のためにこんな森にいるのかもわからない。しかもメンバーの一人は、女ターザン。コスプレじゃなくて本当にそういう存在として描かれている。もう見てるこっちは意味がわかんなくてポカーンですよ。すると、だしぬけに猿人が登場。なるほど、猿の大陸だからなあ、と感心するヒマもなく、登場人物たちは猿人をバンバン銃撃して、射殺したりしている。で、今度は謎の原住民に主人公らが捕まって、集落に連行されると、そこでは白人の女王が君臨している。で、どうしてそういう状況になってるのか、まったく説明がない。
 とまあ、ここまで読んでいただければおわかりかと思いますが、これは米国TVシリーズ(C.ドイル原作『ロストワールド』のスピンアウト作品らしい)を無理矢理ダイジェスト編集したものなのでした。こんなことして誰がよろこぶんだ!
 ラスト近くでワニが原住民を喰うシーンがありますよ。
| とみさわ昭仁 | 獣人 | comments(0) | - |
■ドクターモローの島
ドクターモローの島 原題:Island of Dr. Moreau
監督:ドン・テイラー
制作:1977年 アメリカ

 有名なウェルズの原作の映画化。機関士ブラドックは、乗っていた船が難破し、漂流の果てに奇妙な島へたどり着きました。そこで出会ったのは、一見、親切なモロー博士。しかし、博士は野獣を人間化したり、人間を野獣化させたりという、おぞましい実験に狂っていたのです。そして、とうとうブラドックまで野獣汁を注射されてしまい、次第に獣人化していって……。
 モロー博士って、やってる実験自体もかなり非人間的ですけど、それ以前にパナマで11歳の少女を卵12個分の値段で買ってきて、島暮らしのお供(どう考えても性欲処理用)にしてる、ってのがヒトデナシすぎますね。しかも島で成長したその少女を演じているのが、ボンドガールでもおなじみのバーバラ・カレラですよ。エロすぎますよ。ドクターエローの島ですよ。博士のかわりにわたしが住みたいぐらいですよ。ひー、けだもの!
| とみさわ昭仁 | 獣人 | comments(0) | - |
■APE2003
APE2003 原題:The Untold
監督:ジョナス・カステル
制作:2002年 アメリカ

 タイトルに“エイプ”とありますが、コング映画というよりも正確には雪男(サスカッチ)映画ですね。とあるバイオ系企業の社長令嬢を乗せた飛行機が墜落。墜ちたところはサスカッチの住処で、娘の捜索に来た社長一行は驚きの事実を目にすることに……というお話。
 全体的にチープな作りの映画ですが、出演している男性俳優陣がみんな味わい深い顔をしているので、単なるB級映画と斬って捨てるには惜しいものがあります。とくに社長役の俳優がシブ目の悪人面でいい雰囲気出してるなーと思ったら、ランス・ヘンリクセンでした。エンドクレジット見るまで気がつかなかったよ! ちょっと太ったんじゃない?(タモリ口調で)
| とみさわ昭仁 | 獣人 | comments(0) | - |