スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■ディープ・ライジング コンクエスト
ディープ・ライジング・コンクエスト 原題:Shark Attack III : Megalodon
監督:デヴィッド・ワース
制作:2002年 アメリカ

 で、これが『ディープ・ライジング』の続編の『ディープ・ライジング コンクエスト』、すなわち『シャークアタック3』ですよ。もう何が何やらわかんないですよ。ゲームで言うところの『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』みたいなもんですか。もっとわかんないですか。
 今回は舞台もガラリと変わってメキシコに。ビーチにはトップレスのセニョリータがごろごろ。いいですね。そんな一見すると幸せそうな海ですが、海底にはサメが。またメガロドーン。
 主人公が海底からサメの歯を採取してきて、歯の持ち主(サメの種類)を特定するために画像をサメ板にうPするシーンがあるんですけど、そんときの操作が最高。サメの歯を手で持って、パソコンにUSB接続されたデジカメでパシャリ。すると何の操作もしていないのに2秒くらいでもうパソコンのディスプレイに歯の画像が表示されるんですよ。保持してる指などきれいにトリミングされた状態で。ハイテクな画像処理ソフト使ってんなー。
 あと、この映画を見ていてすごく気になるのは、操縦桿のクローズアップが妙に多いということですね。ボートにヘリに潜水艇にと、乗り物で移動するたびに何度も何度も操縦桿を握ってるカットが挿入されるのですよ。これはあれだな、トリュフォーの映画術で言うところの“男根のメタファー”だな(ウソ)。
| とみさわ昭仁 | サメ | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2012/08/22 2:22 PM posted by: リッキー
とみさわさんのこのサイトが気に入ってしまってどんどんコメントしてるんですが迷惑だったらごめんなさいm(_ _)m
サメの歯の検査の場面は見逃してました。
私が気になったのはラストシーン以外のサメがほぼ全て他からの切り取りであること(まあ珍しくないですが)・船の操縦シーンで背景が動いてない場面があること・爆発したサメの肉片にタコの足らしきものが混じってることです。
2010/04/21 5:27 PM posted by: ναο★
こんにちは
返事遅くなってすいません。
あれ、突っ込み所、満載でかなり面白いので、オススメです。
軽いネタバレですが、サメのサイズが、ありえないです。

そうですね。余り大々的に宣伝はされないですからね。DVD屋やレンタル屋で偶然見つけるパターンが多いんでしょうね。
俺の場合、最近は昭仁さんのブログを見て、買ったり、借りたりするパターンが多いです。
2010/04/17 8:52 AM posted by: とみさわ
ナオさん、コメントありがとうございます。
「メガシャーク対ジャイアントオクトパス」はまだ見てないです。
タイトルからしてそそられるなあ。
こういうマイナー人喰い映画は派手な宣伝もされず、
いつの間にか世に出てくるから大変です。
2010/04/16 11:00 PM posted by: ναο★
随分前、友達とこれ見て盛大に吹来ました。
有り得ないでかさのサメと、友達例の初登場でのボート丸呑みシーンに、最後の方で客船から飛び降りたオッサンキャッチ、人間丸呑み祭りで終始爆笑したのを覚えてます。
極め付けはジェットスキーキャッチですね。
いつの間に周りこんだんだって突っ込みたかったです。

ところで、メガシャーク対ジャイアントオクトパスは見ましたか?
あれも相当、狂ってるのでオススメです。
name:
email:
url:
comments: