スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■黒い蠍
黒い蠍 原題:The Black Scorpion
監督:エドワード・ルドウィグ
制作:1957年 アメリカ

 ハリーハウゼンの師匠、ウィリス・オブライエンが特撮を手掛けた怪獣映画の古典です。ある日、メキシコの火山が噴火したところ、地中から三畳紀の古代サソリが出現。巨大なハサミで列車をつかんだり、ヘリコプターを叩き落としたりと、怪獣映画らしい大暴れっぷりを見せてくれます。
 いちばんの見所は、パッケージにもある通り、ヨダレをたらしながら無邪気に微笑むサソリの笑顔。監督もよほどこのショットが気に入ったのか、サソリが人間を襲う場面で何度も何度もこの顔面のクローズアップを挿入してます。深夜の帰宅途中に暗がりからあらわれた変態が「うへへへへへ」と薄ら笑いを浮かべながらこっちに向かってくるときのOLさんの気持ちがよくわかりますね。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: