スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■サイレントプレデター スネーク
サイレントプレデター 原題:Silent Predators
監督:ノエル・ノセック
制作:1999年 アメリカ

 大量の熱帯性猛毒ヘビを輸送中に起こった自動車事故で、ヘビの皆さんが大脱走。運転手も噛まれて死んだりして、事件はうやむやに。それから20年後。その地域一帯は新興住宅地として開発が進んでおりました。次第に住人も増えてきて、いよいよ町としての発展が実を結ぼうとしてきたそのとき、ガラガラヘビに噛まれて即死する住人が続出。なんか地元のヘビにしては毒性が強いけど、どーいうこと? で、調べてみると、かつて逃げ出した熱帯性のヘビが地元のガラガラヘビと交配を繰り返し、超強力な猛毒をもつサイレントプレデター(でも見た目は普通のガラガラヘビ)へと進化していたのでした。おまけに20年も経ってますから、奴らはヘビ算でものすごく増えて推定3万匹はいるであろう、というわけなのです。
 パーティーを抜け出して乳繰り合うカップルは殺されるの法則、ここでも健在です。さらに、ヘビの大量発生を主人公が警告したのに町の実力者がそれを揉み消す、というのもセオリー通りですね。脚本には御大ジョン・カーペンターが参加しています! なのにこのレベルか(笑)。
| とみさわ昭仁 | ヘビ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: