スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アベレーション
アベレーション 原題:Aberration
監督:トム・ボクセル
制作:1997年 ニュージーランド

 女主人公エイミーは、子供の頃に母と住んでいた山小屋にやってきました。小屋に着く早々、床下に大金入りのウエストポーチを隠したりなんかしているので、どうやらワケありのようです。一方、この地域一帯から野生の小動物が消えていることの原因を調査していた生物学者クラークは、謎の抜け殻を発見。いったいこれ何の? というわけで、地元のハンターの犬が喰われ、ハンター自身も喰われ、エイミーの猫ちゃんが喰われ、そしてエイミーとクラークも謎の生物の標的に……というお話。
 ようするに人喰いトカゲなんですけどね。巨大トカゲというわけではなくて、フツーサイズのやつがたくさん出てきます。途中、主人公たちが「いま何匹倒して、あと何匹残ってる?」的な計算をするシーンがあるんですけど、その計算がぜんぜん合ってないのが笑えますな。ま、野生で繁殖してるやつが何匹いるかなんて、数えようがないとは思うんだけど。
 見所は、あるときはスキーヤーのお嬢さん風だったり、ピンクのもふもふ頭巾だったり、入浴中のアイマスクだったり、本筋とは関係ないところで妙にお洒落なエイミーのおもしろファッション。
| とみさわ昭仁 | トカゲ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: