スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■コモド
コモド 原題:Komodo
監督:マイケル・ランティエリ
制作:1999年 アメリカ

 とある島で夏の休暇を過ごしていた家族。いきなり出現したコモドオオトカゲに両親を喰われた少年パトリックは、ショックで自分の殻に閉じこもってしまいました。亡き両親にかわって少年を引き取った叔母は、「心に傷を負ったパトリックには精神の休養が必要だわ」と、もっともなことを言うんですけど、担当の精神科医ビクトリアは、「もういちどあの島に行って恐怖の原因と対決するべきよ!」などとスパルタなことを押しつけるんですね。で、先生が嫌がる少年と叔母さんを連れて島に上陸すると、そこで待っていたのは、さらに増殖&巨大化したコモドオオトカゲさんたちなのでした……。ひどいよ、先生!
 が、しかし、そんな先生のトカゲヨットスクールも無駄ではありませんでした。中盤までは、ずーっと怯えてうじうじしているパトリック少年が、後半、なぜかトラウマを克服して、いきなりランボー化するのです。いつのまにか仕掛けワナなんかを用意していて、そこにトカゲが掛かるやいなや上半身裸のパトリックがあらわれ、手製のヤリをトカゲのどてっ腹にグサグサ突き刺すんですよ。ビクトリア先生も患者の豹変ぶりに唖然とするわけですが、見てるこっちも呆気にとられます。コモド、噂どおりのおもしろさでした。
| とみさわ昭仁 | トカゲ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: