スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■戦慄の毒蜂軍団
毒蜂軍団 原題:Terror Out of the Sky
監督:リー・H・カッツィン
制作:1978年 アメリカ

『ザ・キラー・ビーズ』の続編です。そっちをまだ見てないのに、続編のほうを先に見ちゃったよ。だからといって何も困ったりはしないのですが。
 国立蜂研究所(わかりやすい名前!)の養蜂箱に、前作で全滅させたはずの猛毒女王蜂が侵入し、またまた繁殖をはじめました。いち早くこれに気づいたヒロイン(美貌の科学者)、ハチ研所長(新しい彼氏)、パイロット(元彼)の3人は、猛毒蜂の拡散を防ぐため、各地に輸送されてしまった蜂の小箱を回収するために駆けずりまわります。で、ひとつ見つけては処理し、もひとつ見つけては処理し、を繰り返していくだけの、ものすごーく地味なお話が展開されます。処理の方法も“殺虫ガスをシュー”って感じ。猛毒と言っても所詮は蜂ですので、「ブ〜ン」「うわー逃げろー」「痛てて、痛てて」っていう以上のサスペンスは起こりません。巨大化もしないし、刺された人がゾンビになったりもしません。女王蜂も出てきません。そこにあるのは、主役3人の三角関係だけ。男女三人蜂物語ですよ。TBSっぽいですね。そう思って見れば、それはそれで楽しいものです。
| とみさわ昭仁 | ハチ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: