スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■人喰いネズミの島
人喰いネズミの島 原題:The Killer Shrews
監督:レイ・ケロッグ
制作:1959年 アメリカ

大蜥蜴の怪』に続いて、ケロッグ監督の人喰い映画シリーズ第2弾。今度は孤島でネズミの縮小実験をしていた科学者たちが、反作用で巨大化した人喰いネズミに襲われる、というパニックです。巨大&人喰いというだけでも十分に怖ろしいのですが、このネズミ、牙に猛毒があって噛まれただけで死んでしまうという、パニックを演出するにはむしろマイナスなのではないかと思われる能力設定がされています。食われて死ぬのは嫌だけど、猛毒で即死できるならあんまり怖くないよねえ(そんなことありません)。
 最後、主人公たちはネズミに噛まれないようドラム缶を伏せてその中に入り、ボートが係留してある浜辺までニジリ歩いていくのですが、40年ぐらい前に地元の公民館へ見に行った「8時だよ全員集合」の公開録画で、カトちゃんがそんなコントやってたのを思い出しました。案外、この映画からヒントを得たのかも!(そんなことありません)。
 肝心の人喰いネズミは、例によって本物で撮影しています。もちろん、本物の巨大ネズミなんてものは存在しないので、犬を使っています。犬かー。また予想外なことを。
| とみさわ昭仁 | ネズミ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: