スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■タランチュラのキス
タランチュラのキス 原題:Kiss of the Tarantula
監督:クリス・マンガー
制作:1972年 アメリカ

 主人公はクモが大好きな少女。自分の部屋でこっそりタランチュラを飼っています。でも、ママはクモが大ッ嫌いで、主人公にも冷たくあたる鬼ババア。おまけに、やさしいだけの亭主(葬儀屋さん)に愛想を尽かして、出世街道まっしぐらの警察官(亭主の弟)と浮気をしながら、亭主を殺す計画を練っています。ひょんなことからパパ殺害計画を知ってしまった主人公は、先手を打ってママの寝室にタランチュラを送り込み、心臓発作を起こさせて殺害します。こうして主人公は、自分とパパとクモだけの幸せな生活を手に入れたのでした。
 それから数年後。主人公も成長してすっかりいい女に育っていましたが、それに比例して飼ってるクモの数も増えてます。一方、警官だった叔父さんは、いきなり愛人に死なれてわけわかんないでいましたが、それはそれとして順調に出世をかさねて、いまや警察署長にならんとしていました。人間、地位を手に入れれば、次に満たしたくなるのは獣欲です。そう、かつての愛人の面影があり、そのうえ若くてきれいな娘に育った主人公を、手籠めにしようとするのです。クモ少女、貞操のピーンチ!
 というわけで見所は、何ひとつ見せ場がなくてただ出てるだけのパパ役の俳優さんの尋常でない背の高さ。
| とみさわ昭仁 | クモ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: