スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■トレマーズ・シリーズ
トレマーズ 原題:Tremors, Tremors2 : After Shocks, Tremors3 : Back to Perfection, Tremors4 : The legend Begins
監督:ロン・アンダーウッド(1), S. S.ウィルソン(2,4), ブレント・マドック(3)
制作:1990,1996,2001,2003 アメリカ

 一部の好きモノの間では「陸(おか)ジョーズ」と呼ばれ、まるで床上手のように親しまれているモンスター映画の大傑作。主役の怪物は、けっこうな巨躯でありながら地中を自動車並みの速度で移動して、わりと気軽に地上へ顔を出したり引っ込んだりするという、生物学的にも土木学的にもかなり無理のある能力設定なんですが、演出がうまいのでなんとなく納得できてしまうんですね。思ったほど違和感がなくて、素直に怖がることができます。
トレマーズ2  とくに、アメリカ南部の晴れわたった青空からくる開放感と、怪物の攻撃による逃げ場のない閉塞感という矛盾した状況をうまく共存させたシナリオは、見事のひと言。おかげで低予算ながらも大ヒットして、シリーズは4作目まで作られました。

 ケビン・ベーコンが主役を張った1作目だけでも充分に素晴らしい出来だと思いますが、やはり全4作を通して鑑賞してこその『トレマーズ』だとも言えます。
 全編を貫くキーワードは“進化”。たとえばシリーズが進むごとに、怪物はその形態を進化させていきます。1作目では巨大人喰いミミズ「グラボイズ」だったのが、2作目では脱皮して小型の人喰いダチョウ「シュリーカー」に進化し、3作目では羽根が生え、体内の燃料をケツから噴射する「アスブラスター」となって空を飛ぶのです。
トレマーズ3  また、主人公も進化します。
 1作目はバル・マッキー(ケビン・ベーコン)。2作目ではバルの相棒役を務めていたアール・バセット(フレッド・ウォード)が主役に昇格。そして、1作目と2作目では脇役ながらも、いい味わいを見せていた銃器狂いのバート・ガンマー(マイケル・グロス)が、3作目にしてついに主役の座を射止めます。1作目を見たときから「ガンマー最高!」と思っていた、心の本棚にコンバットマガジンを並べているようなボンクラ男子には、たまらない展開ですね。しかも、4作目ではなんとそのガンマーの……。
 と、あとは実際にDVDを買うなり借りるなりして、自分の目で確認してください。

トレマーズ4  ちなみにアメリカでは『トレマーズ』は全13話のTVシリーズにもなっているそうですが、残念なことにいまだソフト化されていません。現在、たのみこむにDVD BOX化を希望する署名が挙がっていますので、興味のある方はぜひ投票をお願いします。

・たのみこむ「トレマーズTVシリーズDVD−BOX化!!
| とみさわ昭仁 | その他-未知生物類 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2009/11/22 1:20 AM posted by:
トレマーズか……一作目は劇場でみたな。高いとこから落ちると意外に脆い奴だったなあ。
ところで12月11日に「モンスターオブザデッド〜 ビキニビーチの惨劇(原題MonsterfromBekinibeach)」とタイトルが出るそうでちょっと楽しみです。
「JAWS IN JAPAN」が今一つだっただけに。
2009/11/12 7:32 AM posted by: とみさわ昭仁
>柴尾さん
おおー、そうだったんですか!
あの猪突猛進する感じは、たしかにジョーズ的ですね。

人喰い同人誌の編集でトレマーズの原稿を修正して、
それもこっちに反映させたら、うっかり日付を更新してしまって、
最新記事として上がってきてしまいました。
2009/11/12 2:38 AM posted by: 柴尾英令
覚えているかぎり、最初に陸ジョーズの名をほしいままにしたのは、「レイザーバック」だったと思います。

ていうか、「レイザーバック」初ビデオ化の歳、「陸ジョーズ」として東京三世社のムックで原稿を書きました。
2007/05/20 12:53 AM posted by: とみさわ昭仁
>巨大怪獣がリアリティーを持てない今、この路線が邦画に新風を吹き込む事は間違いないと思うんですが(笑)

いや、ホントにそうですね。巨大怪獣ももちろん好きですけど、わたしはどちらかというとこのブログで採り上げているようなサイズの怪物が好きなんです。で、この路線の映画って、じつは邦画ではほとんど作られていないんですよね。残念だなあと思う反面、ならば未来に残された鉱脈でもあるな、とも思います。
2007/05/20 12:23 AM posted by: オタクイーン
先日は私の勝手なお願いに大変ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございました。
おかげで二年目に繋げる事ができました。感謝しています。
さて。貴ブロクには初めてお邪魔しましたが、これまたこだわりの作品選定ですねー(笑)。私は「トレマーズ」大好きなので、こちらの記事にコメントさせていただきます。
邦画怪獣派の私も、このシリーズだけは日本で出来ない新鉱脈との思いを強くします。
怪獣と人間の戦いをこれほどまでに知略的に
描けるのは大変羨ましく、日本にここまでの才能が根付かない現実をはがゆく思うばかりです。(日本のクリエイターだって絶対見てる筈なのに。)
巨大怪獣がリアリティーを持てない今、この路線が邦画に新風を吹き込む事は間違いないと思うんですが(笑)
name:
email:
url:
comments: