スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■エアスコーピオン
エアスコーピオン 原題:Tail Sting
監督:ポール・ウィン
制作:2002年 アメリカ

 高度30,000フィートを飛行中のオーストラリア発ロサンゼルス行き航空便の貨物室で、遺伝子操作されたサソリが逃げ出してしまった! なんでそんなの積んでるんだよ! という疑問はさておき、おもちゃの缶詰に入ってそうなサソリはぐんぐん巨大化して、機内をパニックに陥れます。人を食べたりはしないけど、尻尾の毒針で乗客たちを殺戮してまわるのです。毒があるんだからチクッと刺すだけでいいのに、なぜか胴を貫通するほど刺します。容赦なーい!
 サミュエル・L・ジャクソンの『スネークフライト』もいいですが、こっちの「サソリと出かける空の旅」もなかなかオツなモンですよ。ただ、『エアスコーピオン』というタイトルはいただけませんね。これじゃインパクトが弱くて、レンタル屋の棚に背挿しされてたら手に取ってもらえません。もっとキャッチーなタイトルを付けてあげたいな。たとえば『蠍エアライン』とか。『戦慄のサソリ航空』とか。『上空さそり701号』とか。
 あと、怪物と対決する映画のクライマックスとしては『エイリアン2』の「パワーローダーに乗ったリプリー登場」シーンの右に出るものはないと思いますが、この映画にもそれをものすごーくチープに再現したようなシーンがあります。
| とみさわ昭仁 | サソリ | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/04/08 8:54 AM posted by: とみさわ
ノーズアートに梶芽衣子もいいですよね。
2007/04/08 7:47 AM posted by: 山本○嗣
上空さそり701号に座布団一枚です。
はだけた胸の谷間にのぞくサソリを篠原とおる先生の絵で・・・
name:
email:
url:
comments: