スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■スネークトレイン
スネークトレイン 原題:Snake Train
監督:マラッチ・ブラザーズ
制作:2006年 アメリカ

 タイトルからおわかりの通り、とある事情で○○(危険生物)が、□□(閉鎖された乗り物)に大発生、というパターンの作品。他にもこのジャンルにはサソリ+飛行機の『エアスコーピオン』、ヘビ+飛行機の『スネーク・フライト』、サソリ+潜水艦の『ディープポセイドン』などなど、名作、珍作が数多くあります。
 閉鎖状況だからサスペンスが盛り上がるのは当然として、問題なのは、なぜ? どのようにして? そんな生物が発生してしまうのか? そこが映画のキモとなるわけで、たいていは輸送中の事故だったり、要人暗殺を狙って意図的に積み込まれたり、まあ「なるほど!」と言える理由があるわけです。
 ところが、この映画は! 貨物車にこっそり乗り込んだ謎のご婦人が「体内からヘビをどんどん吐き出す呪いにかかっている」のですよ! そんで列車中にヘビをまき散らすのです。何その予想外すぎる設定は! 俳優陣の皆さんが揃いも揃ってシベ超並みの演技力なのを差し引いても、この無茶な展開だけで見る価値はあります。いや、ない。うそ、やっぱりある。どっち!
| とみさわ昭仁 | ヘビ | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/02/01 11:30 PM posted by: とみさわ
そりゃまた、なんとも最低の週末が……あ、いやいや、どうぞ充実した週末をお過ごしくださいませ!
2008/02/01 9:51 PM posted by: 東森時音
『ファンタスティック・フォー』の新作を借りにレンタル屋へ。残り少ない内の一本を確保したので店内をしばしぶらつくことに。で、棚の後ろに回ると……
最上段に左から『リヴァイアサン』『グリード』そして『スネークトレイン』の順に揃って並んでいました。『スネークトレイン』の隣には当然『スネークフライト』
 それぞれ5本ずつあったので「力入れてんなー」と思い、「せっかくだから」と『スネークトレイン』を借りてきました。これで週末をどう過ごすかが決定ですわ。
name:
email:
url:
comments: