スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■フライショック
フライショック 原題:Island of the Dead
監督:ティム・サウザム
制作:2000年 アメリカ

 ニューヨーク州ハートアイランド。そこは元墓場で、伝染病で死んだ無縁仏らが大量に埋められた土地。そんな忌まわしい場所を再開発し、ホームレス用の宅地にしようとする実業家のルパート・キング氏。演じるのは、『キャット・ピープル』で黒豹人間になりきっていたマルコム・マクダウェル。老いてもなおギョロ目は健在です。で、大方の予想通り、どこからから湧いてきた大量の人喰いバエが、欲にまみれた人間の前に立ちふさがり、まとわりつき、喰い尽くすのです。
 と、このように、体裁としてはふつうの人喰い映画風なんですけど、そのわりにはキャラに深みがあったり(なんせマルコムですから)、カメラワークに凝っていたり、シーンの合間に心象風景がはさみ込まれたり、縄跳びをしている黒人少年がとてもいい眼をしていたり、まるで一流映画のような趣きがあるんですよ。ハエ映画のくせに!(褒めてるつもりです)。
| とみさわ昭仁 | ハエ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: