スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アクアノイド
アクアノイド 原題:Aquanoids
監督:レイ・ペシュケ
制作:2003年 アメリカ

 1987年。海辺の町に謎の生物アクアノイドが出現し、人々を恐怖のドンゾコに突き落とした。どこから来たのか、何しに来たのか、それは誰にもわからない。そして、町の住民を喰うだけ喰ったら、いつのまにかいなくなっちゃっていた。行動が行き当たりばったり。気まぐれアクアノイド……。
 それから16年。ヤツはこの町にもどってきた。なぜ? たぶんお腹が減ったんだと思う。それくらいしか理由が思いつかない。老若男女を問わず、手当り次第に襲うアクアノイド。同じ行動の繰り返し。生物として退化もしてないけれど、進歩もしていないアクアノイド。気まぐれアクアノイド……。
 学習能力ゼロという点では、町の人たちも同レベル。せっかく主人公が危機を知らせているのに、誰も本気にしない。なぜか? それは独立記念日のお祭りが近づいているからです。人喰い映画ワールドにおいては、それほど祭りというのが重要なのです。住民のひとりやふたり喰われたって中止にはできないのです。
 学芸会並みの演技力と、手持ちカメラによる良く言えば躍動感あふれる映像。自主映画じゃねーのかこれ? と言いたくなる気持ちは胸の奥にしまって、海洋モンスター巨編『アクアノイド』を、ぜひお楽しみください。
| とみさわ昭仁 | 怪人 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: