スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■キングコング
キングコング 原題:King Kong
監督:メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シュードサック
制作:1933年 アメリカ

 いまやすっかりピーター・ジャクソン版にとって代わられた感のある『キングコング』ですが、もちろんこちらがが元祖。最初に見たのは小学生の頃だから、もう40年ぐらい前になりますか。すっかり内容なんか忘れている……かと思いきや、あらためて本編を見てみればだいたい記憶通り。そして、PJ版がいかに元祖をそのまんまリメイクしていたか、というのもわかりますね。
 食い詰めた映画監督カール・デナム(本作では“デンハム”と表記)が、仕事にあぶれた女優と出会い、旧知の船長と船出して、スカルアイランドにたどりつき、女優がゴリラにさらわれて、崖の上で奪い返し、それを追ってきたコングを眠らせて、ニューヨークまで連れて帰り、怒りのコングは大暴れして、最後は高層ビルのてっぺんから……。と、ようするにそういうことです。
 ところで、この頃はまだヒロイン(フェイ・レイ)に対するコングの愛情をあまりハッキリ描いていないこともあって、けっこうコングは残虐な印象を受けます。わたしの錯覚じゃなければ、途中でコングが人を喰うシーンもあったような気がするなあ。
| とみさわ昭仁 | コング | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: