スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■キングコング
キングコング 原題:King Kong
監督:ジョン・ギラーミン
制作:1976年 アメリカ

 アニマトロニクス、っつーんですか、機械仕掛けで巨大生物を動かして映画を撮ること。その手法で名作をリメイクして、公開当時かなり話題になったのが、このギラーミン版『キングコング』です。当時、自分は中学3年ぐらいでしたから、中にメカが詰まった巨大コングと生身の女優が共演するなんて、興味あるに決まってるじゃないですか。特集記事が載ってた「月刊ロードショー」なんて、エロ本見るより興奮しましたね。
 で、あれから幾星霜。みうらじゅんに散々コラムのネタにされ、なおかつピーター・ジャクソンがCGで華麗に再々リメイクしたもんだから、このギラーミン版はすっかりバカ映画のイメージが定着してしまいました。かく言うわたし自身も、そういう風潮に流されて、今回見直すまでバカコング映画を見るつもりでいたのですよ。
 ところが! およそ30年ぶりに見直してみたら! 公開当時に感動したのとは別の意味で、ちゃんとおもしろいじゃないですか! 泥で汚れたヒロイン(ジェシカ・ラング)を滝でゆすいで洗ったコングが、息を吹きかけて乾かす仕草の愛らしさ。ニューヨークの月を見て、故郷の空で見た月を想うシーンのせつなさ。このコングもPJコングに負けず劣らず愛しい奴です。
 あと、本作のラストでコングが登るのは世界貿易センタービルなんですよね。いまの我々は、あのビルの強度が非常に頼りないことを知ってますから、コングがわっしわっしとビルをよじ登っていく場面をいま見ると、公開当時にはなかったスリルを感じることができます。
| とみさわ昭仁 | コング | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/02/29 1:24 PM posted by: とみさわ
>東森さん
ああ、そうか! メカコングは部分撮影用が主で、サル型はけっこう特殊メイクで撮ってるんでしたっけね。

サイボットゴジラってなんだっけ? とググってみてやっとわかりました。あれはそんな風に呼ばれていたのかー。しかもソフビ化までされてる…(笑)。
http://blogs.dion.ne.jp/godzilla/archives/993406.html
2008/02/29 11:48 AM posted by: 東森時音
>息を吹きかけて乾かす仕草の愛らしさ
この辺りはリック・ベイカーによる特殊メイクコングですね。演じたのもベイカー自身で、なんでも「僕は特殊メイクアーティストよりもエイプスーツアクターとしての才能の方が上だと思うんだ」とか言ってます。アニマトロニクスはニューヨークで腕をノソノソ動かしていた等身大のヤツとか実はほとんど出番がなかったそうで。そういえば昔、サイボットゴジラなんてのもありましたね。
2008/02/29 2:30 AM posted by: とみさわ
メカコングに較べれば名演技ですよ!(褒めてない)
2008/02/28 12:25 PM posted by: JUMBO。
このときのジェシカ・ラングって大根な印象しかないんですが、その後ダスティン・ホフマンが女装して主演したトッツィーで好演して見直しました。
キングコングの時はちっとも良いと思わなかったのになー。

name:
email:
url:
comments: