スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■キングコング2
キングコング2 原題:King Kong Lives
監督:ジョン・ギラーミン
制作:1986年 アメリカ

 舞台はジョージア州、アトランティック大学。学内の秘密研究室では、何かの手術中のようです。いったい何の……? とカメラを引いて見てみれば、前作で墜落死したはずのコングがどーーん! しかも人工心臓がどどーーん!! そうです。前作のスタッフたち、映画を大ヒットさせて大金を稼いでくれたコング様を、続編ではバッチリ生き返らせるつもりなのです。いやー、怪物映画の続編はこうでなくちゃなー。
 さて、本作の主人公でもある女科学者(リンダ・ハミルトン)は、コングの蘇生に必死で取り組んできました。けれど、あと一歩のところで、大きな壁が立ちはだかります。それはコングの血液。人工心臓の埋設手術をするためには、大量の血液が必要なのです。でも、コングに輸血ができる生物なんて、そう簡単に見つかるはずがありません。リンダ先生は言います。「コングを生かすためには奇跡が必要よ」と……。
 で、場面は変わって南米の奥地。先ほどのリンダ先生のセリフから10分後ぐらいに、メスのコングが捕獲されました。これなら輸血も大丈夫だねー。って、おい!
 とにかく、異常にスピーディーな展開(奇跡)で、見事コングは復活を遂げました。こうして次はコングがリンダに惚れるというお約束的展開になるのだろう……と思いきや、生まれ変わったコングはもう人間の女になど見向きもしないのです。鼻をクンクンを動かした先にあるのは、メスコングの匂い。そうきたかー!  というわけで、映画の後半は二匹のコングの愛の物語になるのでした(本当)。この展開にはびっくりだ!
| とみさわ昭仁 | コング | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: