スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アース・トゥルーパーズ
アース・トゥルーパーズ 原題:Giants
監督:カリボウ・セト
制作:2005年 アメリカ

 なんだかいまいちストーリーがつかみにくい映画なんですけど、要約すると大昔にたくさんの隕石が降ってきて、その隕石にはなぜか巨大アリがくっついていたと。で、アリは氷河のなかで凍りついていたが、あるとき発見されて、それをどこかの組織が極秘で研究所に運び込んでいたと。で、どんな研究をしているのかというと、クローンで増殖させて宇宙探査に役立たせるのもいーなーとか、テーマパークを作るのもいーなーとか、子供じみたことを言ってるうちにアリが檻を破って大暴れする、と。そういう映画。アリ、オリ、やぶり、いまそかり。ラ行変格活用ですよ。
 逃げ出したアリはニューヨークで暴れ回り、それに立ち向かうのが主人公の科学者と、その娘であるお天気おねえさん。このおねえさんが意味なく強いんですね。クライマックス近くにいきなり“ヘリの操縦ができる”ことがわかって、空飛ぶ女王アリと空中戦を繰り広げたりするのです。なにがなんだかもう……。
 原題は「GIANTS」ですが、最初にタイトルが表示されたとき「ANT」の部分だけが赤いんですよ。つまり“巨大”と“アリ”がかけてあるという。なんだか『モスキート』のジャケに「で蚊い」って書いてあるのと同じセンスですね。
| とみさわ昭仁 | アリ | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/04/08 5:30 PM posted by: とみさわ
>蟻えない
あっ、ホントだ!(見落としてました) 「GI"ANT"S」より、こっちのほうがアタマわるくていいですね〜。
2008/04/08 4:06 PM posted by: 東森時音
パッケージの画像を良く見ると
「このでかさ、蟻えない!」とのコピーが書かれているんですね。
インパクトとしては「で蚊い」にはかないませんが、こちらもなかなかなもの。メーカーを調べてみるとどちらもジェネオン(パイオニアLCD含む)なんですね。同じ人がコピー担当だったんでしょうか。
name:
email:
url:
comments: