スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■トカゲ女
トカゲ女 原題:Lizard Woman
監督:マーノップ・ウドムデート
制作:2004年 タイ

 かれこれ20年ぐらい昔、ドクター前田という人を取材したことがありましてね。この人、医療用レーザーを扱ったら日本一! みたいな凄腕の整形外科医なんですけど、趣味でコンピュータ・プログラミングを覚えて、当時、大人気だったファミコンを解析して勝手にオリジナルゲームを作ってコッソリ売ったりしてたんですよ。そいで、「わたしの計算によればあと15年で世界経済は破綻し、国家の貨幣制度は崩壊する。だからいまのうちにファミコンで稼いだお金で金塊を買っておくのだ!」とか真顔で言ってしまうような、非常にエキセントリックかつ天才的な人だったんですね。元気にしてるかなあ、ドクター。
 さて、そんなドクター前田とはまったく関係なく、本作の冒頭には前田教授という日本人考古学者が登場します。こちらの前田博士は、タイの洞窟で謎の木箱を発掘するんですけど、恐ろしいことにこの箱はトカゲに呪われていたんですね。どこからか大量にトカゲが出現し、博士とそのご一行様はトカゲに喰われたり、気が狂ったり、トカゲ女に変身したりして、あっさり全滅してしまいます。博士、主役かと思ったら死んじゃった……。
 で、場面変わって美人ホラー作家、クワンさんの話になります。予備知識なしに見てるといきなり主人公が変わるので、わけがわかんないんですけど、まあ、とにかくこの人に呪いが移って、ようやく本格的に“トカゲ女”の映画になるわけです。ああよかった。よくないよ!
| とみさわ昭仁 | トカゲ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: