スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■人喰蟻
人喰蟻 原題:Sheena : Marabunta
監督:クリスチャン・I・ネイビー
制作:2000年 アメリカ

 タイトルとジャケから、ありがちな生物パニックものだろうと思って見始めたら、いきなりE.R.バロウズの小説の挿絵みたいな半裸に獣の皮を身にまとったブロンド美女(天涯孤独のサバンナ育ち)が出てきてびっくり!
 それでも、彼女の大活躍によって無事に人喰いアリの危機から脱出することができ、さあ、ここからどんな展開になるのかなー、と期待していたら、その話はそれであっさり終わり。ええー!? と驚くヒマもなく、続いて今度は謎の猛獣話が始まって、またまたびっくり!
 どういうことかといいますと、ようするにこれ、映画じゃなくてテレビシリーズ『Sheena』の2話分を、無理矢理1枚のDVDにまとめたものだったのですね。そんなこと、パッケージからはまったく窺い知れませんよ。捏造ジャケットにはかなり慣れっこになってるわたしですが、さすがにこれは見抜けませんでした。アッパレ!

 ちなみに、原作の『Sheena』というのは、いわゆる“女ターザンもの”の元祖です。『Sheena』については、と学会の山本弘会長によるこのページが参考になります。
| とみさわ昭仁 | アリ | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/05/04 4:55 AM posted by: 山本○嗣
ミラクルマスターの黒く塗った自称いや口きけないから他称「クロヒョウ」の虎を思い出しますねえ、シーナのシマウマ♪
2007/05/02 9:52 PM posted by: ギラーミン!
おっ、東森さんだ! コメントありがとうございます。いつも映画バカ黙示録読んでます。映画の趣味は微妙に違うと思いますが、ほぼ毎日1本、淡々と更新し続ける姿勢は、この人喰い映画祭を始める際に大いに参考にさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

>監督がジョン・ギラーミンで正直出来はトホホ。
あはは。そんなこと言われるとかえって見たくなりますよ。
2007/05/02 9:25 PM posted by: 東森時音
『シーナ』は1984年にタニヤ・ロバーツ主演で映画にもなってます。監督がジョン・ギラーミンで正直出来はトホホ。
当時劇場で観ましたがさすがに忘却の彼方ですが、シーナが乗っている愛馬がシマウマだったのは憶えています。
どうみても白い馬にペンキで黒い縦縞を書いただけだったりします。
name:
email:
url:
comments: