スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■ディノクロコダイル
ディノクロ 原題:Sper Croc
監督:スコット・ハーバー
制作:2007年 アメリカ

 モンスタパニック映画に出てくる巨大生物って、大きいとは言っても“だいたいこれぐらい”という適正なサイズがあると思うんですけど、あきらかにそれを逸脱した大きさのワニが出てきてビックリしますね。いくらCGIでなんでも描けるからって、でかすぎ。でもまあ、これだけ大きなワニを最後には追いつめて、爆破してみせるのだから、かなり痛快なラストとなることだろう……と思ったら! 肝心の爆破シーンは音だけで、映像は見せてくれないのです! なんで? なんで?(答え:予算がないので撮ってない)。
 見所は、ラングドン将軍役をやってるデイヴィド・ノバクの、ジョージ・クルーニーになすましてるけどやっぱりMr.ビーンにしか見えないローワン・アトキンソンみたいな顔
| とみさわ昭仁 | ワニ | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2009/01/23 10:12 AM posted by: とみさわ
>カズキさん
コメントありがとうございます。
合成時にほんのちょっとの手間をかければ
いいだけなんですけどね。
でも、そのヘボいところが愛おしくもあるわけで、
人喰い映画マニアとは、矛盾したものだなあだと思います。
2009/01/23 12:43 AM posted by: カズキ
ワニが湖に入る時、水しぶきも波紋も無いのにはブッタマゲ〜でした。
name:
email:
url:
comments: