スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■スターシップ・トゥルーパーズ2
スタトル2 原題:Starship Troopers 2: Hero of the Federation
監督:フィル・ティペット
制作:2003年 アメリカ

 特殊効果担当だったフィルの初監督作品。ひたすら「血と肉を描く!」という高い志の元に作られた前作でしたが、残念ながら興行的には大失敗しちゃったようで、続編の予算はキューッと絞られて前作のたった5%。なもんだから、パワードスーツはおろか、ド派手な戦闘シーンすら描くことが不可能となりました。そこで製作陣はどうしたかというと、本作ではバグに「人体への寄生」というあらたな設定を追加し、基地内でのサスペンス劇に主眼をおいたのです。これがなかなか成功していて、派手さは失われたかわりに虫の気持ちわるさが強調された、いい感じのモンスターパニック映画に仕上がっています。『遊星よりの物体X』なんかが好きな人なら十分楽しめるでしょう。
 あと、冒頭で流れるお馴染みの新兵募集CMで、司令官が満面の微笑みで振り向きながら「君も歴史に名を残さないか! バチ〜ン(ウィンク)」っていうのが前作以上に趣味が悪くて最高です。
| とみさわ昭仁 | その他-昆虫類 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/07/27 1:55 AM posted by: とみさわ
>kotetsuさん
どーもどーも! わたしDVD買っても吹き替え版とかコメンタリーとか全然見ないんですよね。ほとんどはレンタル版のを中古で買ったりするからそもそも特典なんて入ってないんですけど、『ST2』は正規版を買ってるので、今度見てみますね。
2008/07/24 1:42 PM posted by: Kotetsu
これ、オーディオコメンタリーがずーっと低予算の言い訳で、本編以上に楽しめました。「夜のシーンが多いのはアラを隠すため」「この俳優は安いギャラで頑張った」とか何とか…
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/283