スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アラクニア
アラクニア 原題:Arachnia
監督:ブレッド・パイパー
制作:2003年 アメリカ

 特撮も監督自身の名義になってるので、そっち方面出身の人物なのか、あるいは限りなく自主映画に近い(つまり人手が足りない)か、どっちかなんでしょうね。で、いざ本編を見てみると、すぐにわかります。ああ後者か、と。多くは語りませんが、ようするにそういうクオリティです。
 オープニングは空飛ぶセスナ機の中。座席で採点中の生物学の教授と、その助手。そして、見るからに赤点っぽいボンクラ大学生が3人(男1、女2)。この女学生のうちひとりが、ブロンド、受け口、タレ目、ノータリンという、絵に描いたようなダメモンローでありまして、彼女の言動を楽しむのが、この映画の見所とも言えるでしょう。実際、このダメモンローが機内でやたらとうるさいんですよ。セスナの窓外で流れ星が飛んでいるのを見て、
「流れ星ってステキよねぇ〜。え? 流れ星ってお星様じゃないの? 岩? 隕石? それが地球に落ちてくるの? じゃあ、この飛行機に当たるかもしれないじゃない! イヤ〜ン! 窓際の席、こわーい!」
 てなことを言いながら狭いセスナの機内でどったんばったんしてると、本当に隕石落下。直撃こそまぬがれたものの、落下の衝撃波をモロに食らってセスナも墜落。なかなか起こりえない天文学的確率の災難ですが、しかし、それぐらいで驚いてちゃいけないのです。なにしろこのあと、隕石落下の衝撃が地下に潜んでいた巨大クモ軍団を目覚めさせ、墜落を生き延びた主人公たちに襲いかかるという無茶な展開になるのですから。
| とみさわ昭仁 | クモ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/290