スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■食人族
食人族 原題:Cannibal Holocaust
監督:ルッジェロ・デオダート
制作:1979年 イタリア

 昔いっぺん観てますが、劇場で観られるというので、渋谷のシアターNまで行ってきました。
 人喰い映画というのは、だいたい3つに分類できます。1つめは、ワニとかヘビとかサメとかクマとか、とにかく腹を減らした生物が人間を喰う映画。当ブログがメインに採り上げているのがこれですね。2つめは、生ける屍が人間をむさぼり喰うというもので、ようするにゾンビ映画のこと。もちろんわたしも大好きなジャンルだけど、このブログでは積極的には採り上げていません。そして3つめが、人喰い人種をテーマにした映画であります。あまり一般的なジャンルとは言い難いですが、そんな中でも本作『食人族』はそこそこ知られているのではないでしょうか。
 人喰い人種のドキュメンタリーを撮影するために旅立ったテレビクルー5名が、アマゾンの奥地で消息を絶った。それから2ヶ月後。人類学者のモンロー博士が、撮影隊の目指していた人喰い人種の集落へ行ってみると、そこには喰い散らかされた人間の骨と、たくさんのフィルム缶が残されていた。そのフィルムには、世にも恐ろしい光景が記録されていたのでした……。
『クローバーフィールド』でも使われたモキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー)の手法で撮られているので、食人族のお食事シーンでは手持ちカメラ映像がぐいぐい揺れて、その映されている内容とも相まってかなり気持ちがわるくなれます。喰ろうばーフィールド!
| とみさわ昭仁 | ヒト | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2009/08/01 8:19 AM posted by: とみさわ
>ケイティさん
通りすがってくれてありがとうございます。
人を喰ったようなブログを目指しているので、
そのように笑っていただけるのがなによりです。
最近あんまり更新できていませんが、
今後ともよろしくお願いしますね。
2009/08/01 2:26 AM posted by: ケイティ
初めまして。最後の一文に吹き出してしまいました!(笑)
通りすがりでした〜
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/293