スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■クラーケン・フィールド HAKAISHIN
クラーケン・フィールド 原題:Deadly Water
監督:ティボ−・タカクス
制作:2006年 アメリカ

 オープニングは夜の海。静かな水面に浮かぶヨットの上で、熟年夫婦がチューしておりますと、何かの水音が「ちゃぽん!」ときこえてきます。なんだなんだ? と言ってるところにイカの触手が登場。あっという間に夫婦共々ずるりと水中へ引きずり込んじゃう。吸盤つきの触手って、人間ごときでは何も抵抗できないから怖いよね……って、昨日も同じこと書いた気がしますけど、本当にそういうオープニングなんだから仕方ない。
 こちらは巨大イカ映画のおもしろさに、宝探しのスリルもミックスしてあって、さらにおもしろく仕上がっています。タイトルとパッケージから「もしかして手持ちカメラ映像?」とか「自由の女神の首がもげる?」とか「まさかニューヨークに上陸?」とか、いろんな期待をされるかもしれませんが、カメラがぶれて酔うこともないし、自由の女神なんか1秒も出てきたりしないので、安心してご覧になれます。
| とみさわ昭仁 | イカ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/295