スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■グリズリー・プラネット
グリズリー・プラネット 原題:Savage Planet
監督:ポール・リンチ
制作:2006年 アメリカ

 西暦2058年。インド対パキスタンによる核戦争が終結して10年後の世界。大気は汚染され、地球の資源は枯渇する寸前まで来ていました。残り少ない資源をカバーするために、人類は地球から2万光年先にある惑星へ、酸素を生み出す植物を採取しに出掛けていきました。事前調査の結果、そこはほとんど地球と同じ大気や水、地質を有し、それでいて人間に危害を加えるような知的生命体もいない(すなわち人類が独り占めできる)素晴らしい惑星だったのですが、ひとつだけ誤算がありました。その惑星には、グリズリーがいっぱい住んでいたのです。くま惑星ー!
 もうこの設定だけで見たくなるに決まってます。見ない人はどうかしてますよ。でも、見終わったあとは「この監督どうかしてる!」とも思う。
| とみさわ昭仁 | クマ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2009/03/02 7:29 AM posted by: とみさわ
なーちゃんには、アカデミー賞の映画か、邦画の難病ものなんかをおすすめします。
2009/03/01 9:25 PM posted by: なーちゃん
これウチも見ました
オモロくないし?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/297