スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■ダイアリー・オブ・ザ・デッド
ダイアリー・オブ・ザ・デッド 原題:Diary of the Dead
監督:ジョージ・A・ロメロ
制作:2007年 アメリカ

 ゾンビ映画はあんまり守備範囲じゃないんですけどね、ロメロ御大の新作となれば観ないわけにはまいりません。ギロッポンヒルズのトーホーシネマズで観て参りましたが……。
 参りました!
 今回は自主映画撮影中の学生たちが事件に遭遇し、ゾンビ災害が世界に蔓延していく様を手持ちのカメラで撮影し続けていく、という構成。最初に「今度のゾンビは主観映像(POV)らしい」と聞いたときには、巨匠なのに流行のスタイルをマネすんのか! とちょっと失望しかけたんですが、いざ、観てみたらこれがすごい。映画だというのをうっかり忘れそうになるリアリティで、観ている間中、ずーっと背中にいやな汗をかいてました。
 今回は名セリフが多いのも特徴ですね。冒頭、ミイラ男映画を撮影中の学生監督が、動きの速すぎるミイラ役者にダメ出しをするんですけど、そのセリフが「何度も言ったろ! 死体はノロいんだ!」。じんわり来ますね。元祖ゾンビ監督の誇りを感じさせます。
 途中で出会う聾唖者のサミュエルさんも、最高のキャラクター造形ですね。喋れないので主人公たちとは黒板トークをしながら、寄ってきたゾンビにはダイナマイトぶん投げてドカーン。それ見て主人公らは「過激な人だ……」ってつぶやく。ここ爆笑ポイント。まあ、いちばん過激なのはロメロ監督なんだけど。
 最後、ヒロインのミシェル・モーガンがつぶやくセリフがまた最高。さすがにそれはここに書けませんが、ゾンビ映画の抱えているテーマの矛盾を突いていて「さすが!」のひと言。ゾンビファンは、ぜひその目で確かめてみてください。
| とみさわ昭仁 | ゾンビ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/299