スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■サーベルタイガー・パーク 百万年ぶりの餌食
サーベルタイガー・パーク 原題:Attack of the Sabretooth
監督:ジョージ・ミラー
制作:2004年 アメリカ

 あの『マッドマックス』の巨匠ジョージ・ミラーが人喰いサーベルタイガー映画を撮った!!
 と、デマを流したところできっと誰も信じてくれないでしょうから話を先に進めますが、ようするに『ジュラシックパーク』の設定から恐竜をサーベルタイガーに変えて、思いっきりショボくした感じの映画です。でも人喰い映画は派手ならいいってもんじゃないよ! サーベルタイガーぐらいの“いかにも人間にかじりつきそう”なサイズ感ってのが大切なんですよね。首筋を噛まれてる自分が想像できる脅威、っていうか。
 途中、パークに忍び込んだボンクラ学生がわたあめマシーンを探していて、見つけると大喜びして上部のタライ部分を取り外して顔にはめて記念写真を撮る、という本編にまったく関係のないシーンが意味不明でいいです。
| とみさわ昭仁 | ネコ科 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2009/07/14 9:29 PM posted by: とみさわ
>ぬまわ
遠いところからご苦労なことですな。
こちらも暑くなってきましたよ。
2009/07/14 8:29 PM posted by: ぬまわ
あほか
2009/02/02 12:55 AM posted by: とみさわ
よくは知らないのですが、調べてみるとちょこちょこ出演もしているようですね。
http://blog.goo.ne.jp/mamesumaldini/e/ac5cb5b7ec7aa0a89f0653ba49a78705
2009/01/29 8:18 PM posted by: Nao
…!?
本当だ。「ザ・フライ」の監督さんでしたね。
ちょろっと俳優やってませんでしたっけ?

けっこう前なんで記憶が混同してます…

2009/01/28 6:27 PM posted by: とみさわ
クローネンバーグは、リメイク版の「ザ・フライ」をとった監督さんですよ。キワモノ映画の巨匠、といっても差し支えないかな。でも、昨年はシリアスかつハードなギャングものの『イースタン・プロミス』が公開されて、ぐっと株をあげたようです。

「SF人喰い生物の島」については、ごめんなさい。人喰い映画じゃない、なんて書いたけど、タイトルにそう書いてあるんだから、まあ人喰い映画なんでしょうね。ちゃんと見てから判断するべきでした。
2009/01/28 5:38 PM posted by: Nao
支配人が牙で死ぬのも確かにびっくりしました。

これパッケージのせいで物凄くでかい虎が暴れまわるのかと思いました。この手のB級映画はパッケージが無駄に良いからかなw

クローネンバーグって「ザ・フライ」に出ていた人ですよね?懐かしいです。人喰い生物の島なのに人喰い映画でないとは…
2009/01/28 12:54 PM posted by: とみさわ
Naoさん
コメントありがとうございます。
ラストの“牙”もビックリですよね。

「シーバース」は、「SF人喰い生物の島」もしくは「謎の生命体大襲来」という邦題でテレビ放映されたエログロB級映画ですが、なんとデヴィッド・クローネンバーグのデビュー作らしいです。わたしもまだ見たことがないんですが、まあ、人喰い映画ではないし、クローネンバーグあんまり好きじゃないのでどーでもいいかなーと思っています。
2009/01/28 9:43 AM posted by: Nao
こんにちは。
初めてこのサイト拝見させてもらいました。

いろいろな怪獣映画見てるんですね。
このサーベルタイガーのは僕も見たのですが、這って歩く虎が拳銃数発で死んだところで思わず笑いましたw

見たこと無いのですがシーバースってどんな映画なんでしょう?人食い映画だと思うのですが。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/301