無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アニマル大戦争
原題:Day of the Animals
監督:ウィリアム・ガードラー
制作:1977年 アメリカ

 ネガの紛失やらなんやらで長いこと見られなかったものが、このほど同じガードラー監督の『グリズリー』とセットでDVDリリースされたので、早速購入して見てみました。
 いや、噂にはきいていたけどすごいですね。オゾン層の減少で紫外線が降り注ぎ、異常化したウィルスによって動物たちが凶暴化。クマだのヘビだのがハイキング中の人々に襲いかかるという、スケールが大きいんだか小さいんだかよくわからないお話。おそらくは調教してあるだろう猛獣を使って撮影しているので、動物自体は実はそんなに恐くないです。むしろ、人間のほうが数倍恐い。とくにレスリー・ニールセン扮する感じの悪い広告屋が、猛獣たちに追いつめられる極限状態の中どんどん狂いを深めていって、遭難者仲間のご婦人に「黙れ!ビバリーヒルズのババァ!」と吐き捨て、泣きわめくその息子に「うるせえゴキブリ! 谷に叩き落とすぞ!」と叫び、しまいにゃ服を脱いで上半身裸になって「おれがリーダーだ!」と叫んで美人の遭難者をレイプしようとしたりする。まるで漂流教室の関谷状態。最後は素手のニールセンがグリズリーと取っ組み合いを始めたりして、いったいなんの映画を見てたんだかわけわかんなくなります。いやー、長年の渇望感に応えてくれる珍作でしたね。でも3800円は高い。
| とみさわ昭仁 | その他-詰め合わせ | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2012/08/21 12:56 PM posted by: リッキー
映画の内容とは関係ないんですが、とみさわさんってどうやって古い(特にB級の)映画手に入れてるんですか?もし英語だけとかでも理解できるのなら、アメリカで探した方が簡単でしかもめちゃくちゃ安く手に入りますよ。
2009/11/07 8:27 AM posted by: とみさわ
masamasaさん
コメントありがとうございます。
> 「本当の男を教えてやるぜ!」とレイプ開始!
>と思いきや、グリズリーが現れてがっかりした
わはは、期待してるのそっちか!
2009/11/06 11:56 PM posted by: masamasa
これ、小学生のころTVで見ました!こういうタイトルだったのですね!あの狂った男はレスリー・ニールセンだったとは・・。
 「本当の男を教えてやるぜ!」とレイプ開始!と思いきや、グリズリーが現れてがっかりした記憶があります(苦笑)
2009/05/15 8:27 PM posted by: とみさわ
UNさん
コメントありがとうございます。
普通に新作としてセル&レンタル双方に向けて
ドバーッとリリースされる新作とは違い、
満を持しての復刻!みたいな扱いですから、
ツタヤとかの大型レンタル店にはあんまり流れていなさそうですね。
物好きな店主のいる個人営業の店なんかにはあるかも。
2009/05/15 7:04 PM posted by: UN
観てる筈だけどストーリーの記憶はうすらぼんやり・・・
ただレスリーニールセンは何となく。
¥3800・・・レンタルあるのかな・・・ではではノシ
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/306