スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■グリズリー・レイジ
グリズリーレイジ原題:Grizzly Rage
監督:デヴィッド・デコトー
制作:2007年 カナダ

 わたくしの中でホモ疑惑のあるデヴィッド・デコトー監督による人喰いクマ映画です。本作の被害者は、高校を卒業したばかりの男の子3人と、女の子1人。彼らは卒業記念旅行でドライブに出掛け、立ち入り禁止の森で車をぶっ飛ばしていたところ、うっかり子グマちゃんを轢き殺してしまいました。と、そこへ現れたのは巨大な人喰いグマ。「ワシの息子に何さらすんじゃー!」とばかりに追いかけてきます。全体的に逃げる若者たちのシーンが続くばかりで、あんまりクマを映してくれないために人喰い感は薄い映画です。
 吠えるクマよりも、叫ぶ女の子よりも、助けを求めて走りまわる男子の汗を執拗に描写するのは、まあ、デコトー監督の作品だから仕方のないことですわいな。
| とみさわ昭仁 | クマ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/317