スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■鳥
ドイツ版の鳥原題:Die Krähen
監督:エッツァルト・オネッケン
制作:2006年 ドイツ

 またしても鳥類パニック映画の牙城に食い込まんとする作品がひとつ。ドイツ産の人食いカラス映画『鳥(とり)』であります。原題の「Die Krähen」とはカラスのこと。でも、それを『烏(カラス)』とはせずに、わざわざヒッチコックの名作と同じ『鳥』という邦題を付けたところに、配給会社の強い意志というか、無謀な試みというか、うっかり間違って買ってくれねえかなー、といった願望のようなものが見え隠れしています。
 冒頭、謎の業者が巨大な木箱をクレーンで積み替えていたところ、うっかりミスで木箱が落下。ひしゃげた箱の隙間からは、大量のカラスが出てきました。作業員は、まるでニワトリでも捕まえるような仕草でカラスに近づきますが、それで狡猾なカラスが捕まえられるわけがない。カラスの群れは人間をあざ笑うように、どこかへ飛び去っていってしまうのでした……。
 主人公は女獣医のアレックス。家族と一緒にバーベキューパーティーをしていたところ、カラスに生肉を奪われるという被害に遭いました。カラスは、最初に数羽が囮となって人間の気を引きつけておき、その隙に本隊がテーブルを急襲して肉を奪うという、見事な頭脳プレーを見せます。職業柄、アレックスはいち早くカラスの異変に気がつき、調査を開始。やがて、何者かによる妨害が入り、問題はカラスだけではなく、その背後に何らかの組織が存在することがわかってくるのです。
 アレックスは妊娠中という設定で、事件解決のために大きなお腹を抱えてどたどた走りまわります。コーエン兄弟の『ファーゴ』では女性署長が妊娠中であることが物語に深みを与えていたけれど、本作ではそこまでの意味はないみたい。ラストで無事に子供を出産したアレックスと、カラスに新しい子供が生まれているシーンとを対比させる、っていうのをやりたかったんだろうな。
| とみさわ昭仁 | トリ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/321