スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■メガ・ピラニア
■映画の完成度さえも破壊する破格の巨大魚

原題:Mega Piranha
監督:エリック・フォルスバーグ
制作:2010年 アメリカ
[巨][群][乳]

 そこは南米の大河、オリノコ川。ひと組のカップルがやって来て水に入る。もちろん目的は水中セックス。だが、そこにピラニアの大群がやって来て、二人は乳繰り合うヒマもなく食われてしまう。人喰い映画の導入部としては見慣れすぎた光景。
 一方、別の地点では、お金持ち風の御一行様がボートでオリノコ川を上っている。アメリカ大使と、ベネズエラ外相だ。両脇にはトップレスのおネーちゃんをはべらせている。で、この人たちもやっぱりピラニアに喰われてしまう。それもボートごと!
 アメリカ本国では、大使が消息を絶ったのは何らかの陰謀に巻き込まれたのだと判断し、特殊部隊員ジェイソンをベネズエラへ送り込む。こいつが、現地で知り合った三人の生物学者と力を合わせて人喰いピラニアに立ち向かうわけだが、このピラニア、どこかおかしい。それもそのはずだ。なぜなら、食料自給率を上げるために遺伝子操作していたピラニアが逃げ出して、36時間ごとに2倍の速度で成長しているから! と、事情を知っている博士たちはペラペラ教えてくれる。
 最初のうちは、他のピラニア映画と同じく“群れの脅威”だったものが、巨大化していくうちに群れとか関係なくなって単なる怪獣化していく。しかも、いつの間にか心臓が2つになり、両性に進化し、空まで飛べるようになって、映画はますます混沌の度合いを深めていく。こいつらが町を襲撃するシーンの絵面はマヌケで素晴らしい。クライマックスでは『ディープブルー』の“あのシーン”をヘボくした感じの名場面もあって、なかなか楽しめる良作だ。
| とみさわ昭仁 | 魚類 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2011/05/27 12:31 AM posted by: 丸呑みすと
Sharktopus、7月くらいにレンタルで登場らしい。
あと、SHARK NIGHT 3Dという作品の予告をみたけど、なんか正しい人食い映画っぽくていい。白ビキニのお尻にググッと迫るアングルが嬉しい。
2011/05/25 11:46 PM posted by: めぐ太
久しぶりのコメントです。今もちょこちょことレンタルしては見ています。メガピラニアは何度店に行ってもレンタル中で「どこの物好きやねん!」とか思いながら待ち続けやっと見ました!
とりあえず、笑いました(笑)なんか色々な法則無視してて爽快でしたね。ただ何しても全滅しなくて、「こいつら死なないんじゃね?」とか思ってたらあんな死に方だからビビりました(>_<)
まぁ予告通りのものでしたね。
因みに、VSスーパーゲイターとやっとブラックウォーターも見ました♪
(^_^)v
2011/03/07 2:09 AM posted by: 丸呑みすと
「ディノシャーク」にしても「ディノクロコvsスーパーゲーター」にしても、DVDのジャケットが不満です。だって殆ど怪獣映画だもの。「メガ・ピラニア」はいーんですよ。あれは最終的にそこまででかくなるから。
でもね、人食い映画、それも舞台がリゾートならクリ―チャ―とカップリングするなら叫ぶ(または気付いてない無防備な)ビキニ美女でしょ!
2011/02/28 9:36 AM posted by: とみさわ昭仁
>丸呑みすとさん
そうなのよ。デカイのも楽しいけど、あんまり過剰だと
人喰いのおもしろさは薄れていきますね。
あと、最近は「ディノクロコvsスーパーゲーター」みたいに
「VSもの」が増えて来ていて、
ちょっと人喰い映画界が雑になってる印象を受けますね。
2011/02/28 12:38 AM posted by: 丸呑みすと
お久しぶりです。この作品はYoutubeで予告篇を見ました。…なんつーか、どこまでデカなんねん!って思いましたねぇ。しかし、人喰い映画的にはあんまりデカ過ぎるのも個人的には萎えますが。
1月に出たディノシャークはまずまずでした。3月2日にはディノクロコvsスーパーゲーターが出ます。こちらも喰いまくってますが、はたして前作(ダイナソーフィールド)を越えられるか?…あとは「sharktopus」が出てくれたら。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/332