スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■メガ・シャーク vs ジャイアント・オクトパス
■150万年前のケンカの続きをさせてあげよう

原題:Mega Shark vs Giant Octopus
監督:ジャック・ペレス
制作:2009年 アメリカ
[巨][ス][続]

 おそらく最初はネタ切れ打開のための苦し紛れから生まれたアイデアだと思うのだが、『○○○○対△△△△』という、2体の怪物を戦わせるスタイル(それをタイトルにしたもの)が、人喰い映画業界でのひとつの勢力を形成しつつある。古くは『キングコング対ゴジラ』や『エイリアン vs プレデター』なんてのがあり、これらには有名なモンスター同士を対決させることでファンの期待を煽る、という効果がある。

 その延長上に本作『メガ・シャーク vs ジャイアント・オクトパス』もあるわけだが、いくら異質なものを組み合わせたところで、サメもタコも人喰い映画的に新鮮なネタとは言い難い。そこで制作者たちがどうしたかというと、どちらも極端にデカくしたわけだ。その結果、人喰い映画だか怪獣映画だかよくわかんない映画が出来上がったのだった。

 アラスカ沖チュトコ海。どこぞの軍がヘリから海中に低周波探知機を投下し、何かの極秘実験をしていた。なんの実験だかわからないが、極秘だから仕方ない。この低周波の影響で、鯨の群れが狂い出してしまう。海洋学者のエマ・マクニールは、潜水艇で海中探査をしている最中に偶然この鯨の集団暴走を目撃する。

 狂った鯨たちは氷塊に体当たりすると、割れた氷の中から何かが姿をあらわした。それは、150万年前に封じ込められていた2匹の巨大生物だった。すなわち、メガ・シャークとジャイアント・オクトパスだ(長いので以下、サメとタコと呼ぶ)。

 このあと、2匹は離ればなれになり、タコは油田プラントを襲い、サメは飛行中の旅客機に襲いかかる。低空飛行のセスナじゃないんだ。高度1万メートルを飛ぶ旅客機だよ。「え?」と思うよね。思わずDVDプレイヤーを巻き戻して見直したもん。このあたりから、もうこの映画が尋常な企画の元に作られたものでないことがわかる。

 主人公のエマ(懐かしやデビー・ギブソン)は、日本から応援にきた科学者のドクター・シマダとあっという間に恋に落ちる。怪物2匹の対策もままならないというのに、激しく乳繰り合うふたり。事後のピロートークでお互いの“匂い”が好き……とかなんとか囁き合っていたところで、いいアイデアを閃いてしまう。「フェロモンでおびき寄せよう!」って。それは別にかまわないんだけど、周りの人にこのアイデアをどうやって思いついたのか尋ねられたらどうするんだろうかね。

 ま、そんなこんなで2匹をおびき寄せ、あれやこれやの戦いがあって、最後はそれほど驚くような展開にもならずに平和が取り戻される。人類の危機はふたりの体臭が救ったというわけだ。

| とみさわ昭仁 | その他-詰め合わせ | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2011/10/25 11:26 PM posted by: 丸呑みすと
油田プラントも旅客機もタンカーもいらあああああああああんんんんんんん!!(笑)
ンなもんにサメやタコ使ってんじゃねええええええええ!!
こちとら、ゴジラにガメラに、ウルトラその他諸々日本の巨大怪獣を見て来とるんじゃああああああ!!

…すんません、ついつい暴走してしまった。
ただね、巨大怪獣が観たいならそういう映画を探すんですよ。だから、サメとかタコは定番でええの!

YouTubeとかで探すと、
2headed shark attack とかshark night 3d
とか piranha3ddなんか期待できそうですね

supershark みたいに、4つ脚装甲車が陸をも這いまわる巨大サメとぶつかりあうという訳のわからん奴もあるようですが。

最近、和歌山でモササウルスの前足の化石が発掘されたそうです。
「恐竜・怪鳥の伝説」(1977)の平成版をこいつで作って欲しいなあ。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/334