スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■フローズン
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 3,009
(2011-01-07)

原題:Frozen
監督:アダム・グリーン
制作:2010年 アメリカ

 もしも!! スキー場のリフトに取り残された状態で係員さんが電源を切って下山しちゃったとしたら──!?
 そりゃ下の雪がまだ柔らかいうちに飛び降りるか、着ているウェアをつなぎ合わせてロープにしてそれを伝って下へ降りるよなあー。普通ならそう考える。でも、この映画の主人公たち3人はバカなので、つまんない痴話喧嘩をしたりしてるうちに日が暮れて、雪面はどんどん凍りついて飛び降りられなくなってしまう。助けを呼んでも声は届かない。素手で安全バーを触って貼り付いてしまう。おまけに腹ぺこウルフもやってくる。
『オープンウォーター』シリーズなどと同様の、取り残されて極限状況に陥るシチュエーションスリラーだ。ただ、この『フローズン』の主人公たちは係員を騙してリフトにタダ乗りするような連中なので、どんなにヒドい目に遭ってもあんまり同情はできない。ゆえにサスペンスとしては弱い。でも逆に考えれば良心の呵責を感じることなく彼らの悲劇を楽しめるわけで、むしろありがたい。
 まだリフトが動いていたとき、呑気に「どんな死に方がイヤか」を語り合う3人。やっぱ何物かに喰われて死ぬのがイヤだよね……って、露骨に伏線な方向へ会話が流れていくと、オタクなジョーは「喰ってから1000年で消化するサーラックがイヤだ」てなことを言う。サーラックってのは『スターウォーズ』に登場する巨大アリ地獄みたいな奴ね。たしかにあいつには喰われたくないわー。
 結局、サーラックじゃなくてオオカミくに喰われたジョーくん。肉食のオオカミは人間の20倍も高濃度の胃酸を分泌するので、軟骨なんかも素早く消化されるんだよね。よかったよかった。
| とみさわ昭仁 | イヌ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2012/01/27 9:35 AM posted by: とみさわ昭仁
>めぐ太さん
いつもコメントありがとう。
イヌイット神話のモンスターが出てくるらしい『ザ・アイス』が気になりますね。機会あればわたしも見てみます。
2012/01/27 9:29 AM posted by: めぐ太
お久しぶりです。フローズン気になる一作ですね★私は昨日、『キラーゲター』と『ザ・アイス』を借りてきました(^_^)
最近だと、新トレマーズ、シャークトパスなどそれなりに数見てます★
是非、鑑賞したら、とみさわさんのレビューも楽しみにしてます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://hitoqui.jugem.jp/trackback/336