スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■バイオ・アマゾネス2 オオカミ姉妹
アマゾネス2 原題:Sisterhood of the She Wolf
監督:J・S・パーク
制作:2003年 アメリカ

 1作目で新ジャンル“細菌エロス”を提案したそばから、2作目でもう次のジャンル“獣人エロス”を提案してます。そんなにコロコロ変わったら“ジャンル”になんないよ! しかも“獣人”とか言うわりに出てくるのはただの犬。見たところシベリアンハスキー。そしてなぜか映画の途中で犬種が変わったりするのです。最終的に獣人は姉妹だったことが判明するので、姉と妹で獣(犬)の種類が違う、という表現なのかもしれないけど、見ている途中ではそんなことわかりません。シーンの途中でいきなり犬種が変わるからびっくりしますよ。
 で、この続編のほうもヒロインが超ヤリマン設定なので、最初から最後までセックスしっぱなし。そして最後、1回やって仲良くなった警官とのお別れのときの会話。

「あなた、都会の女を楽しませるのが上手ね」
「もういちど僕の懐中電灯で遊んでいけよ」
「予備の電池ある?」

 なにこの昔のエロ本みたいな下品トークは?
| とみさわ昭仁 | 怪人 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: