スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■アラクニッド
アラクニッド 原題:Arachnid
監督:ジャック・ショルダー
制作:2001年 スペイン

 地球に墜ちたUFOの影響で孤島に住むクモが巨大化。どういう原理でそうなったのかはまったく説明されないまま、孤島へおもむいた救援チームが順番に巨大グモに食べられていく、という映画です。設定だけがあって物語というものが皆無な脚本ですが、クモの気持ち悪さはよく出てますね。アニマトロニクス(クモの模型)もわりといい動きをしてます。
 救援チームのなかにクモ博士がひとり混じっていて、この彼が襲われるときに「クモの糸には7種類ある。過糸、放射糸、卵のう糸、しおり糸、まゆ糸――」と、誰も聞いてないのにクモの生態を解説しながら死んでいくのは、モンスター映画でたまに見かける演出です。たしか『ディープポセイドン』でも同様のシーンがありました。いわゆる「解説しながら死んでいく」系ですね。他にもこの映画は「寄生した生物が体内から出てくる」系であり、「やっつけたかと思ったらまだ残っていて次回作に続くかも」系、でもあります。
| とみさわ昭仁 | クモ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: