スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■ゾーダ
ゾーダ 原題:Zoda
監督:チャンチャイ・パンタシ
制作:2002年 タイ

 幻の象を求めて、魔のジャングルに足を踏み入れたアジア象を守る会(のんきな名前)の皆さん。ムカデに喰われて2人死に、サソリに喰われて1人死に、蜂に食われて1人死に、大蛇に喰われて3人と犬1匹が死ぬという、なんだかもうこれ1本で人喰い映画祭絶賛開催中みたいな作品。
 ストーリー的には、次々と人が死んでいく以外これといった起伏もなく、岡本健一と高橋和也っぽい典型的なジャニ顔の美少年二人が、笑ったり泣いたり喧嘩したり食べられたりするのをひたすら見せられるだけ。ようするに、これって単なるタイのアイドル映画なんじゃないの? と思ったりもするわけですが、でも、日本ではジャニーズ映画にムカデの大群なんて出てこないし、撮影の合間にアイドルスターが本物の大型ムカデを手に乗せて遊んでいるのをメイキング映像に収録するなんてことは……ありえないよ!
 さて、この映画(というかビデオ)の本当のお楽しみは、実は日本語吹替えバージョンにあります。タイのジャングルが舞台なのに、ロバのパンとか、多摩動物園とか、エレファントカシマシとか、人面犬とか、川口探検隊とか、富山の薬売りとか、マツケンサンバとか、川上のぼるとか、どう考えても日本人にしか通用しない単語がてんこ盛りなんですね。つーか川上のぼるなんて日本人だって普通は知らないよ。吹替え台本書いた人、暴走しすぎ。なので、ビデオを借りた人は吹替え版も忘れずに見るように!
| とみさわ昭仁 | その他-詰め合わせ | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/09/08 1:13 PM posted by: とみさわ
>大和川さん
ぜひ見てください。人喰い映画はシャレがわからないと見ていて辛いものだとは思いますが、でも、人喰い映画に慣れれば、たいていの映画がおもしろく感じられるようになる、という効能もありますよ!
2008/09/08 10:48 AM posted by: 大和川葭乃
mixiのレビューに「タイ語をまったくわかっていない人が翻訳している」、と日本語吹き替え版についてえらく怒ってらっしゃる方がいらっしゃいまして、「ああ、そういう見方もあるんだな」と思いました。
機会があればぜひ見てみたいです!!
name:
email:
url:
comments: