スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■地球へ2千万マイル
地球へ2千万マイル 原題:20 Million Miles to Earth
監督:ネイザン・ジュラン
制作:1957年 アメリカ

 古くからの怪獣ファンには金星竜イーマ(もしくはイミーア)が登場することでお馴染みの古典的名作です。金星の探査から帰ってきた米軍のロケットが、シシリーの南にある小さな漁村に墜落。秘かに持ち帰った謎の卵が孵化すると、ものすごい勢いで成長し、誰が名付けたか金星竜イーマとなって大暴れ。でも、暴れるったって納屋のコウモリを食べたり、動物園のゾウと喧嘩したりするぐらいで、そんなには怖くありません。
 見所はもちろんレイ・ハリーハウゼンによるストップモーションアニメでありまして、『キングコング』(1933年)のウィリス・オブライエンに強い影響を受けたハリーハウゼンらしく、本作のラストはいかにも『キングコング』風な幕の閉じ方をします。
| とみさわ昭仁 | 恐竜 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/06/08 7:51 PM posted by: とみさわ
あー、猪首のところとか、たしかに似てますね。
2007/06/08 9:08 AM posted by: 雀坊。
金星竜と、「シンドバッド 7回目の航海」に出てくるサイクロプスのイメージがどうしてもダブっちゃうんですよ。
name:
email:
url:
comments: