スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
■カニバル・カンフー 燃えよ!食人拳
食人拳 原題:We're Going to Eat You
監督:ツイ・ハーク
制作:1980年 香港

 食人拳とは、両手の指先をすぼめてクチバシのような手つきを作り、それを素早く繰り出して相手を突き、鍛え上げた指の力で肉を毟り取って、パクパクパクッと食べてしまう。哀れな敵は、たちまちのうちに骨だけの姿になってしまうという、それはそれは怖ろしいカンフーなのだ!
 ……と、タイトルからそういうものを連想してたんですけど、実際見たらぜーんぜん違ってましたね。ある捜査官が泥棒を追って離れ小島の寒村を訪ねてみると、そこは人肉食の風習をもつ村で、捜査官は群をなして襲いかかってくる屠殺人軍団とカンフーで戦う、というお話でした。まあ、これはこれでとんでもない設定ではありますが。まさかと思うかもしれませんが、この作品、香港のスピルバーグと言われたツイ・ハークの監督第2作目なんですね。すげえの撮ってんなあ。
 基本はカンフー・アクション映画ですけど、肉片をさばくシーンがけっこう生々しいのと、襲いかかってくる敵がみんな肉切り包丁を振り回しているので、先端恐怖症の気がある自分は背筋に冷たい汗を流しながら見てました。随所に香港映画特有の脱力ギャグが散りばめてあるのが、せめてもの救いですね(最後のオチも最低ギャグ)。
| とみさわ昭仁 | ヒト | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: