スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
■「人喰い映画祭」を自費出版します!
最近すっかり更新頻度の下がっている当ブログですが、水面下ではいろいろ活動しておりまして、この度、この「人喰い映画祭」のダイジェスト版を自費出版することにしました。
そして! 聞いてオドロケ、見てチビレ! 自費出版でありながら、表紙イラストは、なんと寺田克也さんに描き下ろしていただきました!

まずは、12月6日(日)に大田区産業プラザPioで開催される「第9回文学フリマ/R-9ブース」にて頒布を開始します。現物には、上記の表紙画像のような黒オビはありません。その下がどんなんなってるかは、ぜひ現物を手に取って確かめてみてください。表紙込みで全84ページ、179本の人喰い映画を紹介しています。定価は1000円ポッキリ!
文学フリマに来られない方のために、そのうち中野のタコシェさんで委託させていただく予定もあります。
というわけで、どうぞよろしくお願いいたします。

| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(3) | trackbacks(0) |
★人喰いニュース(2008年12月13日)
■2008年1月21日 DVD『グリズリー(特別版)』
■2008年1月21日 DVD『アニマル大戦争(特別版)』
 人喰い映画マニア必見の2本が、いろいろおまけ映像満載の特別版仕様でリリースされることになりました!
『グリズリー』のほうは長いことDVDが絶版になっていて、たまにヤフオクに出ても9800円とか無茶な値段がついてたんですよね。『アニマル大戦争』に至っては、これまでビデオ化もされていなかったという幻の作品。それがようやく見られるのですよ!(号泣) つーか、よく考えたら『グリズリー』は劇場公開時に観にいって、あまりのつまらなさに途中で30分ぐらい爆睡したのを思い出しましたよ。でも、いいのです。人喰い映画に必要なのは、おもしろさだけではないのです。
 この2作を同時予約すると、特典として32頁特製ブックレット「ウィリアム・ガードラー読本」が付いてくるそうなので、みんなも予約しよう! もちろんわたしも予約しました。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(4) | trackbacks(0) |
★人喰いニュース(2008年9月5日)
忙しくてなかなか更新できないんですけど、とりあえずこれだけはお知らせしておきたい。

■『D-WARS(ディー・ウォーズ)』11月公開決定  やっと来たーー!
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
★人喰いニュース(2008年8月16日)
■ため息が漏れるほど美しいタランチュラ星雲の写真  これはいい星雲ですね。
■木の枝に魚? 佐賀新聞に謎の写真届く  これはね、ガヴァドンAですよ。
■生きたまんまカマキリを食べる美女  うぎゃー!
■全くリスには見えない無毛のリス  本人もビックリしたような顔をしています。
■メコン川で捕獲された超巨大エイ  幅6フィートってことは約1メートル83センチ。エイヒレ何人前とれるかな。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
★人喰いニュース(2008年7月16日)
■バービー ヒッチコック 「鳥」 L9633 (ブラックラベル)
 うわ、これちょっと欲しすぎるんじゃないか! カラスの出来はもちろんのこと、カラスにつっつかれるメラニー(ティッピ・ヘドレン)のうぐいす色したスーツまでちゃんと再現されていて完璧。予約した!
珍妙きのこちゃん日記で尻真下)
鳥
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(4) | trackbacks(0) |
■2008年上半期 劇場で観た映画ランキング
流行ってるっぽいのでわたしも書いておきます。

1位 クローバーフィールド(大傑作)
2位 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(これまた大傑作)
3位 The Story of Stiff Little Fingers(SLF聴かない人には意味ないけど)
4位 接吻(小池栄子最凶伝説)
5位 つぐない(しみじみとよい名画)
6位 シューテム・アップ(望月三起也ファン感涙の大傑作)
7位 ニンジャ★チアリーダー(エンジェル映画に駄作なし)
8位 実録・連合赤軍 浅間山荘への道程(ラストがダサくてなあ)
9位 アフタースクール(巧妙に構築された脚本の力)
10位 俺たちフィギュアスケーター(くだらん。だがそこがいい)

11位 やわらかい手(名作)
12位 ミスト(問題作にして大傑作。でも好きにはなれないな)
13位 ザ・フィースト(人喰い映画の佳作)
14位 ノーカントリー(ラストが尻すぼみですかね)
15位 紀元前一万年(バカな映画だ。でも大好き)
16位 インディジョーンズ クリ・スカ(オモロイけどやりすぎ!)
17位 ランボー 最後の戦場(郵便ポスト遠すぎ)
18位 28週後…(編集のテンポがいいね)
19位 隠し砦の三悪人(ジェダイ劇)
20位 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(トム・ハンクスが苦手で)
21位 バンテージ・ポイント(強引なシナリオ)
22位 JUNO(うーん)

『JUNO』は評価が高いみたいだけど、ガキが赤ん坊を産み捨てする映画だよね? フィクションだからべつにいいけど、娘を持つ親父としては、そういうものをハッピーエンドとして描いているのには共感できないです。
 皮肉でもなんでもなくて、本心からわたしがいつも「映画の見方がうまいなあ」と思って愛読しているサイトの人たちが軒並み『JUNO』に高評価を付けてるんですね。
Same Shit Different Day
THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE
S-killz to pay the ¥.
破壊屋(★4つ)
 これがわからない。いや、彼らの評価を批判するつもりはまったくないです。ただ、わからんのです。わたしは何か重大な点を見落としているのでしょうか。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(0) | - |
★人喰いニュース(2008年6月19日)
■↑タイトル画像をバージョンアップ  常々なんか物足りない気がしていた人喰い映画祭のタイトル画像に、ちょっとスパイスを効かせてみました(本人許諾済み)。これでさらに人喰い感が増したのではないかと思うのですが、いかが?
■子供の頃怖かったB級ホラー  >#140「巨大化した蜘蛛が人間を襲う映画は、主人公達が蜘蛛を全滅させたと思わせて、カメラが引くと、主人公達のいる建物が蜘蛛の巣で覆われていて(しかも最後までそのことは主人公達は知らず、ほっとしている)、このあと全員蜘蛛に食われてしまうことを匂わせて終わるというエンディングで怖かった」……そういう映画はいっぱいあるからなあ。
■映画『吸血怪獣ヒルゴンの猛襲』DVD発売  上記スレの中でも触れられてますが、あの「ヒルゴン」がついに廉価DVDになって登場ですよ。発売は6月20日。いつもありがとう、WHDジャパン
■『時計じかけのオレンジ』が嫌いだった!主演のアレックスに直撃インタビュー!  人喰い映画祭的には『時計仕掛けの〜』というよりも、『キャットピープル』の黒豹兄さん、『フライショック』のハエ社長としてお馴染み、マルコム・マクダウェルのインタビューです。
■怪獣画デザイン 青森市出身の美術家の手法で  参加者の根本淳志くん(11)は「わくわくして楽しかった。成田さんが青森出身であることを誇りに思った」と。頼もしい11歳ですね。
■林家しん平怪獣映画制作で寄席休演&離婚  タイトルは『深海獣レイゴー』。これは観に行っとかないと!
■サラワク州で1メートルの巨大足跡発見、専門家はイタズラとの見方 「足跡の長さは119.38センチ、幅は43.18センチもあり、真偽を疑う者もいれば雪男のような巨大生物を想像して恐れを抱く者もいるなど、村は騒然としているという」……これを信じるって、どんだけ素朴なんだ。
■アリがヤモリの死骸を発見してからの経過を早送りで  アリが小さイモムシを運んでいる光景は何度か見たことがあるので、この動画もたくさんのアリが集まってきてヨッコラショっとヤモリを運んでいっちゃうのだろうと思ったら……!
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(0) | - |
★人喰いニュース(2008年6月5日)
■更新停滞中。
 なかなか更新できなくてすいません。べつに忙しいわけじゃないんですけど、うちの人喰い映画館が壊れちゃいましてね。とりあえずPowerBookでDVDを見たりはしてるんですけど、重いので毎日は持ち歩けないのです。なので当分の間は、気まぐれに見ていって、ある程度レビューが書き溜まったら一週間くらい連続で更新して、また少し休んで……というペースになると思います。ダムカードblogはやめちゃいましたけど、人喰い映画祭はこの世に人喰い映画がある限り続けていくので、更新をたのしみにしてくれている皆さん(100人ぐらい)、どうぞまだしばらくはお付き合いください。
■『ダイナソーフィールド SATURIKUSHA』 7500万年の恐怖  ナイス便乗ですね。リンク先の映画バカ黙示録さんは、ほぼ毎日ひたすらビデオを見ては淡々とレビューを書き続けている、じつはすごいブログです。基本的にアクション中心のオールジャンルなので、うちとはちょっと方向性が違うのですが、でも、人喰い映画祭を始めるときにはかなり影響を受けました。
■怪獣図解入門 平成新装刊  こりゃいいもんが復刻されましたね。買うかも。
■怪獣ガレージキットのリサイクル専門店  ガレキは作るの難しいから制作代行もしてくれるといいな。それじゃ意味ないか。
■バルタン星人の爪を、喰う!「ウルトラマンアソート」誕生  円谷プロとでん六豆のコラボ商品だそうです。でも「バタピー」は「ウルトラマンの瞳」、「ピスタチオ」は「バルタン星人の爪」って、ずいぶん無理矢理じゃない?
■ポーランド軍に兵士として所属した熊の動画  人喰い兵器……!?
■チンパンジーに毛が無いと風呂上りのオッサンみたいなんだ  つるつる。
■ジープ・チェロキーPRイベントに巨大ワニ インリンさんも応援に  なぜインリン?
■Shark Surfer  釣り糸の先に付けた生肉をサメに食わせて引っ張らせサーフィンをする男。『クロコダイル』のまんま逆を実際にやってるわけで、たいへんな度胸の持ち主というか、命知らずのバカというか、すっかり感心してしまうのですけれど、でも、サメに糸付き肉をくわえさせたまま釣り竿ごと海に投げ捨てているのは道義的によくないのでは。……と思ったら、じつはこれフェイク動画なのでは? という疑惑が。まあどっちでもいいや。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(2) | - |
★人喰いニュース(2008年5月1日)
■5月10日公開『ミスト』 『スティーブン・キング短編傑作全集〈1〉骸骨乗組員』に入ってる「霧」を、イイ名前の映画監督王座決定戦をヘクトール・バベンコ監督と競うと評判のフランク・ダラボン監督が見事に映画化!(説明が長いよ)。いよいよ来週公開で、これは楽しみですなあ〜。
■7月19日公開『スターシップトゥルーパーズ3』  こちらもお待ちかね! 1作目で主役のリコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーン(人喰い映画スター)も復活して、夏休み公開ですぞ。
■南極海で捕獲の世界最大のイカ、実は「小物」の可能性も  そりゃまそうだ。いつだってもっと巨大な生物がいる可能性は残されていたほうがいい!
■上野動物園、最後のジャイアントパンダ「リンリン」が死亡、22歳7カ月  人喰いパンダ映画はいつかは撮られるべき映画だと思います。
■脅威の捕獲率! イノシシ捕獲箱わな「シシトレール」 「とにかく多くのイノシシを獲りたい方へ」だそうですが、捕獲には免許がいるので気をつけて!
■【危機】北極の温暖化で絶滅可能性トップは「イッカク」  前から不思議だったんだけど、イッカクって友達どうしでツノが刺さっちゃったりしないんだろうか。わたくし先端恐怖症なので、生まれ変わってもイッカクだけは無理。耐えられない。
■The Talking Goat(YouTube)  絶対、なかに志村はいってるよね。ゔぉあぁぁぁ。
■空飛ぶクラゲロボ Festo AirJelly  わーい、ドゴラだドゴラだ。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(0) | - |
★人喰いニュース(2008年4月18日)
■絶滅危ぐ種のイグアナ、義足に隠して密輸入した男に有罪判決  義足というよりも、カツラに偽装してイグアナを密輸入しようとした男逮捕みたいな写真。
■ネアンデルタール人はしゃべった?化石から喉頭模型を作成  子供もいる席なのに酔っぱらっておかまいなしにエロ話はじめるオッサンみたいな写真。
■すごいぞ象のカメラマン、象目線で撮った動物たちの写真集  象目線というのはなかなか盲点だと思った。目線だけに。
■ゾウの祖先、水辺で生活=英米チーム  まだ巨人に鼻を引っ張られる前の頃ですね。
■伝説のナゾの巨大生物は絶滅したはずのカメだった、米研究者がベトナムで確認  映画の様な巨大生物が現実には生まれないのは、必要以上に巨大化すると自重を支えきれなくなるから、というのが理由のひとつ。でも、カメなら大丈夫そうですね。長生きだし。
■営業中に55万円カメ盗難 名古屋・名東区のペット店  写真が載ってる記事がこれくらいしかなかったからこっちにリンク貼りますけど、カメはもう戻ってきています。
■フランス映画祭2008「バグズ・ワールド」 昆虫世界 リアルに  真面目な映画。人を喰ったりはしません。
■子持ちコブラの呪い?一家5人に不幸相次ぐ=バンコク近郊 「ヨートさんは今年初め、新築中の家の軒下に1.5メートルほどのコブラをみつけて棒で殴り殺し、皮をはいだ上でお腹の中にあった卵5個を酒のつまみにして食べたという」……なんと豪快な晩酌!
■犬ホテル  造るやつもバカだが、泊まるやつはもっとバカだ!(泊まりたい……)。
■巨大グマと戦った男たちの記録画像  なんだこのデカい手はっ! 潮干狩りに連れてったらアサリ採れまくりですよ。
■空飛ぶ蛇、フライングスネーク  これはズルい。きみが飛ぶのは生き物としてズルい。うらやましすぎる。生物学的に。
■ユタ州の池で発見された未知生物  深海魚? って思ったけど、川だしねー。
■人魚のミイラを作ってる人  かなりよく出来てます。しかも売ってるし。
■トラの囲いの中から人骨と引き裂かれた衣服見つかる、中国  ごちそうさま感に溢れる写真。
| とみさわ昭仁 | ★人喰いニュース | comments(0) | - |